手ぶらで入廷?オッサン弁護士の堕落

埋められないベテランと若手の溝(上)

多くの人から尊敬とあこがれのまなざしで見られる弁護士。彼らの胸元に鎮座する金メッキが剥げ落ちた、いぶし銀の弁護士バッジは、まさにその象徴だ。
だが、彼らのキャリアパスについてはあまり知られていない。今や弁護士と一口にくくれぬほど、彼らの活動内容や収入などのキャリアパスはマチマチだ。もはや同じ弁護士でも“別業種”といってよいほどに。そのうえ、細分化されたコミュニティは閉鎖的で、どのような活動をしているか、一般からは見えにくい。
“ブル弁”“ノキ弁”“イソ弁”などの言葉があるように、弁護士業界は多士済々。この連載では「弁護士という民族」に迫る。

「また手ぶらで来やがった」――。毎回法廷に手ぶらでやってくるA弁護士と筆者が知り合ったのは、今から22年前の春。バブル崩壊直後の頃である。当時、筆者は不動産担保融資専業のノンバンクB社で不良債権の回収の仕事をしており、筆者の勤務先だったB社はC社が訴えられた事件の補助参加人という立場だった。

C社が他人の不動産を勝手に買って転売したとして、元の所有者に訴えられていたのだが、C社が物件を購入する際の取得資金を融資したのがB社。融資したおカネはすでに金利とともに返済されていたので、B社も補助参加する立場になった。

このときのC社の代理人がA弁護士。当時はまだ民事訴訟法が改正になる前だったので、ほぼ月1回のペースで法廷で弁論が開かれていたのだが、毎度毎度、A弁護士は事件記録ひとつ持参せず、スーツのズボンのポケットに両手を突っ込んだ、文字どおり手ぶらスタイルで出廷。事件の内容もろくに把握しておらず、素人目に見てもふまじめ極まりない弁護士だった。

最近は多くの弁護士が車輪付きのキャリーケースで分厚い事件記録を持ち運びしているが、当時はまだ風呂敷派が主流だったから、ある程度、選んで持ち運びしてはいた。それでも法廷に手ぶらで現れるなどということは、まずありえなかったのだ。

だが、A弁護士に任せておいてC社が敗訴すれば、火の粉はすでに資金回収を終えているB社に飛んでくる。やむなく立証活動をすべて背負い込むことになったB社の代理人弁護士が、B社の担当者である筆者の前で、毎回つぶやいていたのが冒頭の一言である。

裁判は結局C社が勝訴したのだが、立証はすべてB社およびその代理人弁護士が行ったことは言うまでもない。

次ページ懲戒4回目でも登録抹消にはならず
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。