まだある!マンション「共用部」が超絶進化

「住むだけで健康になる」物件も登場

東京都北区のマンション「パークホームズ赤羽西」には、ピッチャーズマウンドが併設されている(記者撮影)

1月27日に配信した「体育館に茶室、マンション共用部が凄すぎる」では、マンションの共用部を使って住民や地域のコミュニティを取り戻そうとする取り組みを紹介した。

共用部の進化はそれだけにとどまらない。マンション全体を特徴付けるような、新しい共用部が次々に誕生している。

ピッチャーマウンドのあるマンション

最寄り駅となる都営三田線「本蓮沼」から、徒歩7~8分の地に位置する「パークホームズ赤羽西」。1階の集会場に面した外に、一風変わった共用施設がある。

リトルリーグ仕様と同じピッチャーマウンドだ。ピッチャープレートからホームベースまでの距離は14メートル強。すでにピッチャープレートに接する土は一部がえぐられており、投げ込んだ跡もみえる。

「おカネもかからず、楽しく住める」。そんな施設を目指して知恵を絞ったと話すのは、発案者である三井不動産レジデンシャル都市開発二部の岡部淳郎・開発室主管だ。

「パークホームズ赤羽西」は、五輪強化拠点である「味の素ナショナルトレーニングセンター」や、東京ヴェルディの準本拠地であるサッカー場にも近い。近所には公園も多いが、ほとんどの公園はボールを投げたり、蹴ったりするのは禁止されている。

一方で、ボールをうまく投げられない子どももたくさんいる。岡部氏が子どものころは、庭先で親と楽しくキャッチボールをした。そういう楽しい思い出もつくって欲しい。それではどうすればいいか。自分の家に運動できる場所があればいいのだ、と思いついたという。

岡部氏は「マウンドを導入したのは、自分自身が野球をやっていたから」と、照れ臭そうに笑う。ただ、(導入には)賛否両論あった。特に運動をやらない女性社員からは、共用部が運動系に偏りすぎと批判された。しかし、何を作ろうと、いつも反対意見は出てくる。ならばと、自分の信念を通すことに決めた。

次ページマウンドの土は「プロ仕様」
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
ライフ・シフト<br>学び直し編

人生100年時代は学び直しがカギだ。あなたに最適な「学び場」の見つけ方を紹介。短大教員でもある女優・菊池桃子さん、NHKアナから福祉施設職員に転身した内多勝康さんも登場。