日本が、バンクーバーに学ぶもの

ゲームなどの新規産業を大胆に振興

カナダ・ブリティッシュコロンビア(BC)州の最大都市バンクーバーには、ディー・エヌ・エー(DeNA)、バンダイナムコホールディングス、グリーなど、日系のゲーム会社が相次ぎ進出している。もちろん、同地へ進出しているのは日系企業だけではない。本記事に先駆けて配信した「日の丸ゲーム企業、バンクーバーに集う」「カナダで戦う、DeNAとバンナムの真意」に続き、最終回では長くバンク―バーに根差し、事業展開を行う現地ゲーム会社の本音に迫った。

源流はジンガの新社長

2009年11月に設立し、現在、バンクーバーでスマートフォンとタブレットに特化したゲーム開発を行っているのがロードハウスインタラクティブだ。「エレメンタルパワー」など、5つのゲームを運営している。

ロードハウスインタラクティブの歴史は、バンクーバーのゲーム業界の歴史と結びついている。3人いる共同創業者の1人でプレジデントを務めるターニー・ウィリアムズ氏の父親が、1981年にディスティンクティブ・ソフトウェアという会社を設立。そこに今年7月ジンガの社長になったドン・マトリック氏が持ちこんだゲームが、バンクーバーで初めて開発されたゲームソフトだった。ディスティンクティブ・ソフトウェアはその後、後述する米国大手のゲームソフトメーカー、エレクトロニック・アーツ(EA)に買収されている。

ターニー氏は当時、ドン・マトリック氏が開発したゲームを子どもながらひたすらテストプレイしていた。このときの経験を生かし、今年1月、セガに買収されたTHQカナダ等の在籍期間を含め、24年間一貫してゲーム業界に従事している。もう一人の共同創業者であるイアン・バーチェル氏も業界の古株で、その意味でロードハウスインタラクティブはバンクーバーにおけるゲーム史の流れを汲んでいる会社だ。

ジェイムス・ハートハウスCEO(左)と、プレジデントのターニーウィリアムズ氏

3人目の共同創業者でCEOのジェイムス・ハーストハウス氏は、バンクーバーで事業展開するメリットを「通信回線やソフトウェアなどの関連産業が多く、ゲームの開発が行いやすい」と語る。今後同社はゲームの仕組みを生かし、教育、医療、政治に関するコンテンツを提供する予定だ。その際、グローバル展開をより一層強化するため、「場所的にアジアへの往来がしやすく、アメリカの西海岸と時差がないことも魅力」(ハーストハウス氏)だという。

次ページ世界3強の一角、EAに迫る
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
働く若者へ<br>ワークルールで身を守ろう!

「バイトのシフト入りを強要された」「残業代が適切に払われない」…職場で理不尽な目に遭うこともある。そこで役立つのは労働法=ワークルール。学んでおけば自分を守る武器となる。