「スーパー」でバレる!残念すぎる人の3欠点

「レジ対応、大量割りばし…」それで大丈夫?

「買い物かごに何が入っているか」を見ると、その人の「健康リテラシーの高低」が一発でバレてしまう?(写真:tkc-taka / PIXTA)
「学歴・頭のIQ」で、「仕事能力」は判断できない。仕事ができるかどうかは、「仕事のIQ」にかかっている。
「グローバルエリート」ことムーギー・キム氏が「仕事のIQの高め方」について書き下ろした『最強の働き方――世界中の上司に怒られ、凄すぎる部下・同僚に学んだ77の教訓』は20万部を突破、翔泳社主催の「ビジネス書大賞 2017」の大賞を受賞し、世界6カ国で翻訳も決定するなど、世界中で注目を集めている。
本連載では、ムーギー氏が「世界中の上司に怒られ、凄すぎる部下・同僚に学んだ教訓」の数々、および「日常生活にあらわれる一流・二流の差」を、「下から目線」で謙虚に紹介していく。

本連載の感想や著者への相談、一流・二流の体験談・目撃談はこちら

「二流」は商品棚を荒らしながら買い物をする

グローバルエリートファンの読者の皆さま、お待たせしました! 待望の「ムーギー・キムのグローバルメールマガジン」が、ついに創刊しました。サンプルは無料でお読みいただくことができます。詳細はこちら

「ウィ ウィッシュ ユア メリークリスマス♪ ウィ ウィッシュ ユア メリークリスマス♪ いよいよ年末商戦、スーパーだろうがデパートだろうが、クリスマスムード一色やね! 年末商戦にうかれて、いらんもん買わへんからな~~!!」

世の中には、スーパーマーケットに足を踏み入れた途端、「二流の暗闇」に転落してしまう人たちがいる

リンゴを何個も手でベタベタ触りまくって渾身の1個を探しつづける、残念なリンゴ購入者たち。ヨーグルトや牛乳を選ぶときも、少しでも賞味期限を延ばすべく「いちばん若い商品」を探すために奥の奥まで手を伸ばして商品棚を壊滅状態に追いやり、そのまま放置して帰るのだから手に負えない。

残念な五流のケースでは、レジ横にある割りばしやプラスチックのスプーンを持てるだけ持って帰るのだから、もはやかける言葉などあるはずがないのだ。

これに対し、一流の人物はスーパーに足を踏み入れても一流だ。買うものは納豆やキムチなど健康にいい発酵食品が多いし、野菜はブロッコリーやアボカドなど抗酸化作用の強い食品を買い込んでいる。

「学歴の高さやIQの高さ」と、「スーパーで立派に買い物ができるかどうか」は関係がない。世の中には、スーパーに足を踏み入れた途端、食材を選んだ途端、そしてレジに並んだ途端、「二流の奈落の底に転落」していることが暴露されてしまう人がたくさんいる。

では、スーパーに足を踏み入れただけでバレてしまう、その「人格的欠陥」「人間的故障」とは、いったいどのようなものだろうか? 早速、紹介していこう。

次ページ「大量の油はダメ」とわかっていても…
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
マイクロソフトの蘇生力

創業43年のマイクロソフト。日進月歩のIT産業では古株。もはや時代遅れとの声も聞こえていた同社があらためて評価されている。革新をやめないテックの巨象をリポート。