22歳の元名門女子大生が貧困に喘ぐ深刻事情

学費払えず退学、パジャマ姿で取材場所に

石川美織さん(仮名、22歳)は待ち合わせ場所にパジャマで現れた(編集部撮影)
この連載では、女性、特に単身女性と母子家庭の貧困問題を考えるため、「総論」ではなく「個人の物語」に焦点を当てて紹介している。個々の生活をつぶさに見ることによって、真実がわかると考えているからだ。
今回紹介するのは、学費を払えず名門女子大を退学した22歳の女性。彼女はつい最近まで精神科に入院していた。

何週間もお風呂に入っていない

この連載の一覧はこちら

「なんの意欲もないです。着替えもできません。もう何週間もお風呂にも入っていないし、歯も磨いていません。ここにもやっと来ました……」

池袋。待ち合わせ場所に現れた石川美織さん(仮名、22歳)は、寝間着姿だった。髪の毛はボサボサでスッピン、全身から疲れ果てていることが伝わってくる。まさにボロボロといった第一印象で歩調も遅い。人の視線が怖いようで、おびえたような表情をする。逃げ込むようにして、待ち合わせ場所からいちばん近いカラオケボックスに入った。

「かなり重い統合失調症です。大学はどうしても続けられなくなって、3カ月前に退学しました。退学と同時に生活保護を受けています」

彼女の説明によると、池袋に近い住宅街で一人暮らし、家賃は5万3000円。毎月、家賃と合わせて14万円弱の生活保護費が振り込まれる。順調に学生生活を送っていれば大学4年生だ。しかし、病状は悪化の一途で退学を余儀なくされた。取材したのは11月17日。11月2日までは都内の精神科に1カ月以上、入院していたという。

退院してから2週間、ずっと部屋で寝ている。昼12時ごろに起き、二度寝。再び夕方に起きてぼーっとする。処方された薬を飲んで、深夜か朝方に倒れるように眠る。お腹がすいたら自宅の隣にあるコンビニでおでんを買う。この2週間、おでんしか食べていない。

「退院から入浴していないし、歯も磨いていないです。着替えもしていない。病気と薬の後遺症で、なにもする気が起きないから」

彼女は口を開いて、前歯を見せてくる。上歯、下歯が何カ所も黒くむしばまれ、少し見ただけでも虫歯だらけだった。

店員に飲み物と食事を注文しながら、今年前期まで在籍した有名女子大学の学生証と、生活保護費が振り込まれる通帳、“お薬手帳”を見せてもらった。入学前に撮影した学生証には、現在のボロボロの姿からは想像つかない聡明な美少女が写っていた。

次ページ「万引き」をした記憶がない
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
マイクロソフトの蘇生力

創業43年のマイクロソフト。日進月歩のIT産業では古株。もはや時代遅れとの声も聞こえていた同社があらためて評価されている。革新をやめないテックの巨象をリポート。