介護離職シングルマザーがハマった貧困の罠

「振り返れば貧困を回避する選択肢はあった」

川上典子さん(仮名、53歳)は佇まいに育ちのよさを感じる普通の女性だ(編集部撮影)
この連載では、女性、特に単身女性と母子家庭の貧困問題を考えるため、「総論」ではなく「個人の物語」に焦点を当てて紹介している。個々の生活をつぶさに見ることによって、真実がわかると考えているからだ。
今回紹介する女性は、家族の介護により離職せざるをえなかった53歳のシングルマザーだ。彼女は中学から都内の有名女子校に進学、何不自由のない家庭で育った。

介護離職から終わりのない貧困に苦しむ

この連載の一覧はこちら

都心部にあるおしゃれエリア。利便性が高く、昔からたくさんの芸能人が居住する。その超人気エリアにある川上典子さん(仮名、53歳)の自宅に向かう。

急行停車駅を降り、昔ながらの商店と、おしゃれな飲食店が並ぶ長い商店街から住宅街に入る。軽自動車がやっと通行できる4メートル道路を何度も曲がり、車道のない私道に入る。おしゃれな雰囲気は消えた。老朽化した木造住宅が立ち並ぶ。さらに舗装されていない1メートルない道を抜け、強引に建築したのか、掘っ建て小屋のような接道のない老朽木造アパートに着いた。

家賃5万2000円、生活保護者をターゲットにした福祉物件だ。5万円台前半はこの地域では破格の賃料である。しかし、劣悪だ。再建築不可で四方はベタ付きで住宅が建ち、24時間ほとんど日は当たらない。舗装されてない歩道は泥が湿る。携帯電話で到着を伝えると、いちばん手前の部屋から川上さんが出てきた。木造のドアを開けたとき、なにかが軋(きし)む嫌な音がした。

「築50年くらいの物件です。住人は、私以外はみなさん生活保護の方だと思います。すき間風がすごいので寒いです。冬になると毛布をかぶって凍えながら生活しています」

川上さんは雰囲気、佇まいに育ちのよさを感じる普通の女性だった。バツイチで、22歳になる娘がいる。現在は隣区の大規模病院に事務職として時給1090円で非常勤雇用され、月給は手取りで12万円ほど。長年経済的に困ることのない暮らしを送っていたが、8年前に介護離職をしてから終わりのない貧困に苦しむ。

「自分が貧困みたいな立場になるとは、実際にそうなるまで夢にも思いませんでした。今思えば、正規の仕事を辞めたことがいちばんの理由です。それとずっと普通の暮らしをしていたので、社会のこと、世間のことをなにも知らなかった。もうなにもかも遅いですが、振り返れば、貧困を回避する選択肢はあったと思う。自分の無知によって、貧困みたいになってしまいました。本当に世間知らずでした」

かび臭く、薄暗い部屋の中でそうつぶやく。部屋は話が隣に聞こえてしまうという。駅前のカラオケボックスで、なぜ厳しい現状になったのか聞くことにした。

次ページ東京出身、中流家庭で育った
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
アジアから訪日客が殺到<br>大阪・ミナミの熱気と困惑

4年で5倍に外国人観光客が増えた大阪。中でも道頓堀や心斎橋など大阪・ミナミの中心エリアにアジアからの訪日客が押し寄せている。リピート客も多い。ミナミの魅力に迫る。