1口1万円、「小口不動産投資」で何が変わるか

新興企業トップにロングインタビュー

「不動産とクラウドファンディングの相性は非常にいいので、数兆円のマーケットになる可能性がある」と語るロードスターキャピタルの岩野達志社長
2017年9月に東京証券取引所マザーズ市場へ新規上場したロードスターキャピタル株式会社。設立から5年で上場した同社は、自己資金で不動産投資を行うコーポレートファンディング事業を主軸としつつ、個人が少額から不動産投資を行うことのできるクラウドファンディング事業を展開する不動産テック企業です。
同社が運営する不動産投資クラウドファンディングのプラットフォーム「OwnersBook(オーナーズブック)」では、1口1万円からオンラインで不動産商品に投資することができ、2017年10月31日時点で1万人以上の会員に利用されています。不動産業とITを融合させ、「不動産テック」という新たな業態を切り拓こうとしているロードスターキャピタルの魅力を、岩野達志社長に伺いました。
事業の詳細については「成長性に関する説明資料

 

ロードスターキャピタル株式会社は2012年に創業し、不動産関連のコンサルティングや投資事業からスタート。2014年のRenren Inc.の出資以降、不動産特化型のクラウドファンディング事業として「OwnersBook」の運営を開始。不動産投資・賃貸業であるコーポレートファンディング事業と両輪で成長を実現し、2017年9月にマザーズに新規上場を果たす。

役職員は35名。登録・免許は、第二種金融商品取引業、投資助言・代理業、宅地建物取引業、不動産投資顧問業。2016年度は売上高約47億円、経常利益約7億円。証券コードは3482(2017年11月1日現在)。

中規模オフィスへ集中投資

当記事はシニフィアンスタイル(Signifiant Style)の提供記事です

村上誠典(シニフィアン共同代表):まずはロードスターキャピタルの創業経緯を教えていただけますか。岩野社長と森田副社長のお2人で事業を立ち上げられた経緯を教えてください。

岩野達志(ロードスターキャピタル社長):私も森田も、以前はゴールドマン・サックス・リアルティに勤めていた時期がありました。その後、私は別の不動産ファンドに勤めていたのですが、2011年に退職して、それからは1年くらい飲食店を経営していました。2012年に森田が退職することになったタイミングで、一緒に会社を作らないかと声をかけられました。当初、「今は不動産マーケットも良くないし、仕事もないから」とやや躊躇していたんですが、きまじめな森田から「会社を作っておかないとマーケットがよくなったときに動けない」と説かれ、それもそうかと思って会社を作ることにしました。

次ページもう1人必要だ
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
ネット広告の闇

世界最大の広告主・P&Gがネット広告を減らしている。トンデモサイトへの「知らぬ間出稿」でブランドを毀損したトヨタ、JAL、富士通…疑問と批判が噴出。ネット広告の問題点に迫る。