元米代表GKソロにFIFA前会長がセクハラか

ゼップ・ブラッター前会長は否定

 11月11日、女子サッカーの元米国代表GKホープ・ソロ(中央)は、2013年のFIFA年間表彰式でゼップ・ブラッター前会長(右)からセクハラを受けたと主張した。チューリヒで2013年1月撮影(2017年 ロイター/Arnd Wiegmann)

[11日 ロイター] - 女子サッカーの元米国代表GKホープ・ソロ(36)は、国際サッカー連盟(FIFA)のゼップ・ブラッター前会長からセクハラを受けたことがあると主張した。

ソロは11日にポルトガルの週刊誌エスプレッソに掲載されたインタビューで、2013年1月のFIFA年間表彰式で「ステージに上がる前に、ゼップ・ブラッター氏に尻をつかまれた」とコメント。さらに「同様の行為は常態化している」と述べた。

ソロはその表彰式で、FIFA年間最優秀女子選手のプレゼンターを務めた。

ブラッター氏は11日、電話インタビューで「ソロの主張はあり得ないし、ばかげている。事実ではない」と述べ、疑惑を否定した。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
大ヒット愛国映画『戦狼』に見る<br>中国の拡張主義

世界の歴代映画興行収入トップ100に、アジア映画で唯一ランクインしている『戦狼』。実はプロパガンダ作品だ。「アフリカの友人」を高らかにうたい、中国企業のアフリカ進出を促す。