電話営業に頼る残念な人に教えたい新常識

今のデジタル時代に「売り込み」は効率が悪い

営業マンがお客様に直接電話をかけたり、訪問したりして商品を売り込む従来の営業方法を「アウトバウンドマーケティング」と呼びます。

実は、このデジタル時代において、アウトバウンドマーケティングはあまり効果的な方法とはいえません。なぜかというと、お客様は興味がある商品についてインターネットやソーシャルメディアなどで自ら情報を集めることができるからです。その結果、問い合わせや資料請求といった形でお客様のほうから企業にアプローチするケースが急増しています。これを「インバウンドマーケティング」といいます。

実際、多くの企業はアウトバウンドマーケティングの効果は低下し、今後はマーケティングの効果が増大すると予測しています。にもかかわらず、営業努力の大部分をアウトバウンドマーケティングに注いでいるのが現実です。

インバウンドマーケティングに投資することが必須

短期間で年商100億円の企業に成長するためには、お客に見つけてもらえるよう、インバウンドマーケティングに投資することが必須です。

現在のグーグルの検索エンジンは、「インバウンドリンク」という特性を利用しています。インバウンドリンクとは、外部のWebサイトから自分のWebサイトに向かって設置されたハイパーリンク(クリックすると別のページやファイルを開くリンク)のことです。この特性によって、グーグルは、あるWebサイトにリンクする人が多ければ多いほど、そのリンクが重要であると判断します。

また、グーグルは、ソーシャルメディアに関する情報もアルゴリズムに加えています。多くの人がアカウントをフォローしたり、コンテンツを共有したりすればするほど、グーグルは、そのアカウント主である個人や法人が特定のテーマの思想的リーダーになる十分な可能性があると判断します。結果的に、そのテーマの検索結果で目立つところに位置づけするのです。

グーグル検索で上位に表示されることがビジネスに与える効果は計り知れません。その恩恵を受けるためには、あなたに対する多くのインバウンドリンクとソーシャルメディアによるアプローチが必要なのです。

それが実現すれば、あなたはグーグル検索によって有望なリード(最終的な販売成立・受注・成約に先行する問い合わせや見込み客)に容易に見つけてもらえるようになるでしょう。結果として、あなたのビジネスの需要は飛躍的に増え、売り上げは大きく変わるはずです。

次ページ成功に導く2つの戦略
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
新型機「スイッチ」がヒット<br>任天堂の復活は本物か

任天堂の「Switch(スイッチ)」は発売から半年以上を経ても品薄が続く。開発キーマンを直撃。さらに君島達己社長にもインタビュー。「この業界は天国か地獄。今は天国が見えてきた」。