43歳で出産した日本人女性のフランス生活

CHICO SHIGETAさんに聞くパリでの子育て

オーガニック化粧品ブランド「SHIGETA」を立ち上げたCHICOさん。産後わずか4カ月ほどだが、すでに仕事に復帰している(筆者撮影)

「マタハラ」「ワンオペ育児」「産後クライシス」――。日本では妊娠・出産した女性の環境をめぐるネガティブな言葉が少なくない。妊娠に向けた不妊治療でさえ、高額の治療費や時間のやり繰りなど、つらいイメージが先行している。そんなことを考えると、今の日本では「子どもは持ちたいけれど、なんだか怖い」との思いにアラフォーの筆者は駆り立てられてしまう。

そう思っているのは1人だけではない、ということを示すデータが最近公開された。米医療機器メーカーが日本とフランスを含む各国の都市部に住む19~39歳の女性を対象に行ったアンケートで、「将来子どもを持ちたいと思うか?」という問いに対して、日本では全体の63%が「持ちたい」と回答。これは、フランスの80%、アメリカの79%、スウェーデンの73%をはるかに下回っている。

フランスでは8割の女性が「子どもを持ちたい」

日本で、「持ちたいと思わない」と回答した人たちの理由を見ると、「子育てをする自信がないから(51.4%)」「子育てが大変そうに思えるから(44.6%)」と、やはり妊娠・出産、そして子育てに抵抗感を持っている人が少なくないことがわかる。

一方、80%が「持ちたい」と答えるフランスは、子どもを持ちたい、または育てている女性にとってどんな環境なのだろうか。たとえば、フランスでは不妊治療は基本的に100%保険適用で、出産は無痛分娩が主流。子どもが生まれてからは、男性が積極的に育児に参加するほか、ベビーシッターを利用することも当たり前で、母親1人に育児の負担がかかることはない。

とはいえ、出産・育児に限らず、結婚や、各人の生き方まで十人十色なスタイルがあるフランスには、日本のように決まりきった定番の型があるわけではない。そこで、パリでは実際、どんな妊活や妊娠、出産、子育てをしている人がいるのかを探ってみたいと思う。

今回、話を聞いたのは、今年6月に43歳で双子の赤ちゃんを出産したホリスティックビューティコンサルタントのCHICO SHIGETAさんだ。在仏歴17年のCHICOさんは、自らのオーガニック化粧品ブランド「SHIGETA」を立ち上げ、日本でも展開。著名人の愛用者が多いことで知られている。日常生活の何げない1コマをアップしている自身のインスタも人気だ。

CHICOさんに会うために訪れたのは、パリの老舗高級デパートの真裏にあるオフィス。インターホンを押すと、CHICOさんが満面の笑顔で迎えてくれてほっとした。いくらフランスで子育てしているとはいえ、まだ出産から3カ月ほど。しかも、仕事を再開してバリバリ働いていると聞いていたので、ひょっとして疲れているのでは、と思っていたからだ。

なぜCHICOさんが、そんな余裕の笑顔を浮かべられるのか。まずは、出産に至る経緯からじっくり話を聞いてみたいと思う。

――お子さんは長いこと望まれていたのでしょうか?

次ページ37歳で不妊治療を始めた
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
人生に差がつく経済学<br>行動経済学で賢くなる!

キャリアでも恋愛・結婚でも役立つ、行動経済学。今年、ノーベル経済学賞を受賞した分野だ。人間の非合理的な行動を説明し、働く人に有益。経済学者とライザップ社長の対談も掲載。