フィンランドのワーママに「罪悪感」などない

ヘルシンキは夏休みの子どもに「無料で昼食」

フィンランドのヘルシンキにある「レイッキプイスト」で遊ぶ子どもたち(筆者撮影)

小学生の子を持つワーキングマザーにとって、夏休みは頭が痛い。親のいない日中をどう過ごさせるかを考えなければいけないからだ。学童保育を利用していれば朝から預かってくれ、普段とは違う活動プログラムを組んでくれる場合もある。それでも給食は出ないので、毎日お弁当を持たせる必要があることを負担に感じる親も多い。

フィンランドの親たちも同じような悩みがある。筆者はちょうど夏休みシーズンの6月に首都ヘルシンキを訪れた。案内してくれた外務省の職員は7歳と9歳の子を持つワーキングマザーで、夏休み中は日帰りのキャンプに参加させたり、祖父母の家に行かせたり、時々は自分が仕事を休んだりと、子どもたちの日々の予定を組むのが大変だとため息をついていた。だが、ヘルシンキ市にはそんな親たちにとって心強いサービスがある。それは「レイッキプイスト」で、子どもたちに提供している、無料の昼食だ。

ヘルシンキ市独自の子育て支援

「レイッキプイスト」――、英語に訳すとPlay(遊ぶ) Park(公園)というあまり特徴のない名称だが、現地ではヘルシンキ市が独自に運営する公園のことを指すのだそう。それは日本の「地域子育て支援拠点」と学童保育の機能を併せもったような施設で、児童公園の一角に建物が併設されており、ソーシャルワーカーの資格を持つスタッフが運営している。

普段学校があるときは、午前中は乳幼児向けの遊びのプログラムやその親を対象にした講座を開くほか、親同士が交流したりソーシャルワーカーが親の相談にのる場となっている。午後からは、近くの小学校に通う1年生と2年生を夕方まで預かる。これらのサービスは、午後に提供されるおやつ代以外はすべて無料で提供されている。

次ページ「社会で子育て」の姿
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。