子どもにおカネを無心し続ける母親の正体

虐待被害者が抱え続ける「痛み」とは?

母親の足音や気配にいつもびくびくしながらすごしていた(写真:asu0307 / PIXTA)
1997年、僕はメディアワークス(現アスキー・メディアワークス)から「Create Media」名義で『日本一醜い親への手紙』という本を編集した。子どもの頃に親から虐待された人から「親への手紙」を公募し、100人分を収めたほかに例のない本だ。
今年20年ぶりに新たに公募を実施し、10月上旬に『日本一醜い親への手紙 そんな親なら捨てちゃえば?』(dZERO刊)というタイトルで売り出した。選者・解説は、臨床心理士の信田さよ子さん、LGBTアクティビストで性虐待の被害経験のある東小雪さんが担当した。
10~50代の男女100人が書いたこの本は、20年経っても変わらない「子ども虐待」の現実と、被害者の痛みを浮き彫りにしている。
タイトルから「親への恨み言ばかり書かれているはずだ」と勘ぐる人もいるが、読めば真っ先に伝わってくるのは「痛み」だ。
そこで、本書に収録された手紙100通のうち3通を3日連続で紹介したい。初回に紹介するのは、関西に住んでいる46歳の女性の手紙だ。

子どもの自尊心を壊し、カネを無心する母親

母へ。あなたの足音や気配にいつもびくびくしながらすごしていました。

初潮が来た時は「他の子より早い。ませてる」と言い、ナプキンの使い方がわからず困ってる私を無視。私は下着を汚し、自分が汚い存在に思えてトイレで泣きました。翌日、あなたはめんどうくさそうにご近所に「早々に生理が来て恥ずかしい」と言いながら赤飯を配り、私は「私は恥ずかしい人間。人に迷惑をかけぬよう、母の言う通り生きなければ」と思うようになっていました。

私は勉強が苦手で、学校も嫌いでした。毎夜のように両親が大声で殴り合い、家の中はぐちゃぐちゃ。それが近所では有名で、バカにされていたのです。

私は絵を描くのが好きで、描いている間はすべてを忘れられました。私が描いた傘の絵が先生にほめられ、廊下に長い期間、貼り出されました。授業参観であなたが来た時、ほめてくれると期待しましたが、あなたは無表情。校長先生が私の絵がどれだけ素晴らしいかを語ってくれても、あなたは言いました。

「こんなものが上手くても、将来何の役にも立たない。他の勉強でいい成績を取らなければ意味がない」

次ページ自分が楽することしか考えていないカネの亡者
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
インテルの<br>パラノイア的技術経営

インテル中興の祖、アンディ・グローブ。数々の英断で、プロセッサー半導体市場で無双の企業を作り上げた。グローブの愛弟子である、インテル全盛期のトップが語る技術経営の神髄。