「私は3歳から父親の性虐待を受けて育った」

性犯罪被害者が訴える刑法改正の必要性

左から弁護士の太田啓子さん、東小雪さん、水井真希さん、戒能民江さん(お茶の水女子大名誉教授)
本記事は「ハフポスト日本版」からの転載記事です。元記事はこちら

性犯罪の被害者らで作る有志団体は4月27日、今国会に提出された、性犯罪に関する刑法の改正案を早く成立させてほしいと要望する約8000人分の署名を、衆院法務委の鈴木淳司委員長(自民)らに提出した。

同日、参院議員会館で開かれた記者会見では、幼い頃から実父に性虐待を受け続けたという元タカラジェンヌの東小雪さん、見知らぬ男に拉致された経験のある女優・映画監督の水井真希さんが、それぞれの被害体験を語り、現在の刑法をすぐに改正するべきだという理由を2つのポイントから話した。

1つめの理由:親による性犯罪が野放しに

現在の刑法では、強姦罪でも強制わいせつ罪でも、13歳以上の被害者に対する行為の場合には、「暴行又は脅迫」を手段とすることが条件となっている。

この条件を変えるべきだと訴えたのは、東小雪さんだ。

東さんは3歳の頃から、父親に性虐待を受けて育った。「家庭の中ではそれが普通」だったため、東さんは拒否することができなかった。父親はその立場を利用して、暴力や脅迫がなくても、性虐待をすることができた。それを性犯罪の条件にすることはおかしいと訴える。

改正案には、親などの監護者が、18歳未満の人に対して影響力を利用してわいせつ行為や性交などをした時には処罰されることが盛り込まれている。

次ページ東小雪さんが受けた性被害とは?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
発電所のアキレス腱<br>盲点の火山灰リスク

「電力の大問題」最終回は火山灰がテーマ。地震や津波と比べて、社会インフラへの影響は見過ごされがちだったが、発電設備への被害が予想外に大きくなる可能性がわかった。