高畑淳子さんを責めても何も解決しない

性犯罪の加害者家族が直面する社会の圧力

息子の逮捕を受け謝罪する高畑淳子さん。母の悩みは深い(写真:Rodrigo Reyes Marin/アフロ)

「何かの間違いではないのか」

家族が性犯罪で逮捕されたと連絡を受けたとき、たいていの人はこう思うという。女優・高畑淳子さんも一報を聞いたときの心境を、「なんのことか、最初は正直よくわからなかった」と振り返る。

彼女の長男は、宿泊先のホテルで従業員の女性に性的暴行を加えて怪我を負わせたとして、今月23日、強姦致傷の疑いで逮捕された。それを受けて彼女は25日に長男が拘留されている群馬・前橋署を訪れ、待ち構えていた報道陣の前で深々と頭を下げ、「申し訳ございません」と謝罪している。翌26日には謝罪会見を行い、あらためて謝罪の言葉をくり返した。

日本では加害者と家族が同一視されがち

成人し、自立して社会生活を送っている息子が犯した罪を、母親が謝罪する。短い発言の言外には、どんな思いがあるのだろう。想像を絶する恐怖と苦痛を味わった被害女性への申し訳なさのほかに、「息子が迷惑をかけて」「こんな息子に育ててしまって」という気持ちが込められているのではないか。その心中はわからないが、罪を犯した者の家族は「そう思うべき」という社会からの圧力は確実にある。

「本来、加害者家族は責められる対象ではなく、むしろ支援が必要な人たちです。欧米では加害者家族を“Hidden Victim(隠れた被害者)”と呼び、その責任を追求することはありません」

と話すのは、精神保健福祉士・社会福祉士の斉藤章佳氏。東京・榎本クリニックで性犯罪加害者の再犯防止プログラムに注力し、日々、加害者と向き合っている。性犯罪の再犯率は高いといわれている。だからこそ、再犯防止プログラムで更生していくことは、新たな被害者を生まないことにつながる。加えて、同クリニックでは加害者の妻、父、そして母に対しての支援活動も行っている。

次ページ板挟みになる女性
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。