「入社するのが難しい有名企業」トップ200社

1位集英社、2位三菱地所、4位富士フイルム

中央の建物が東京・一ツ橋にある集英社の神保町ビル。左隣は小学館の本社だ (編集部撮影)

難易度の高い大学から多く採用している会社はどこか。

内定式が過ぎ、今年の就職活動はほぼ終盤となっている。最後まであきらめずに就活に励む4年生と並行して、3年生向けのインターンシップが夏から始まり、来年の就活の準備が進んでいる。来年も3年生の3月から企業の採用広報が始まる。売り手市場と言われ、企業の採用は引き続き活発だ。

「入社難易度」の定義とは?

そんな中、有名企業の採用には、さまざまな憶測が飛び交う。「有名大学しか採用していない」「難関大学の指定校制がある」「”大学フィルター”を設けている」など、いろいろなことが言われる。そこで「有名企業は本当に難関大からしか採用していないのか?」を検証してみることにした。

各企業の採用結果を数値化するための指標として、「入社難易度」というものを作ってみた。有名難関大かどうかの評価は、大学受験時の難易度がもとになっているとされる。そこで駿台予備学校の協力を得て、模試の難易度から、企業別入社難易度を算出した。

大学通信は毎年、各大学に対し、有名企業412社に就職者数を聞くアンケートを実施している。この412社は、日経平均株価指数の採用銘柄や会社規模、知名度、大学生の人気企業ランキングなどを参考に選定している。ランキングの対象はこれらの有力企業だ。

算出方法は次の通り。今年の各大学・学部の入試の難易度平均(医学部と歯学部は除く)を、各大学の難易度とする。仮にA社の就職者の内訳が、東京大学5人、慶應義塾大学3人、上智大学3人だったとする。東京大学の学部平均難易度は69.8で、全大学でもっとも高い値だ。慶應義塾大学は65.1、上智大学は63.0になる。

次ページトップは集英社の65.0
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
日本を動かす<br>地方の名門企業77

日本各地には、地元財界の顔として政治力・経済力をいかんなく発揮している企業がある。圧倒的な存在感とパワーを持つ名門企業の実態に迫り、今後の成長が期待できる地方発“次世代企業”を取り上げた。