「新卒でないと入りにくい会社」トップ100

中途採用より新卒を重視する企業はここだ

中途採用よりもフレッシュな新卒採用を好む企業は少なくないようだ(写真:xiangtao/ PIXTA)

3月の本格的な就職活動開始まで残り1カ月近くとなった。今年は売り手市場で高望みしなければ、比較的内定が取りやすいともいわれる。ただ、いくら内定が取れても、どのような会社でもいいわけではないだろう。ブラック企業は避けたいし、できるだけ働きやすい会社を選びたいと思うのが普通だ。

新卒占有率が100%なのは8社 

就職四季報プラスワンの過去記事はこちら

そこで、今回は今後就活で本格化する会社選びの参考になるデータとして、「新卒でないと入りにくい会社(新卒採用占有率)」ランキングをご紹介する。

「新卒採用占有率」は『CSR企業総覧(雇用・人材活用編)』掲載データを使い、2016年4月新卒採用者(一部はその前後の第二新卒等を含む)と2015年度の中途採用者数の合計に対して、新卒採用者が占める割合を計算したもの。おそらく他ではあまり見ることのできないデータで、今回は100社まで紹介する(対象は採用数が新卒・中途で合計50人以上)。

ランキング1位は新卒占有率100%だ。大垣共立銀行武蔵野銀行四国銀行宮崎太陽銀行といった地銀、そしてアルファシステムズ四国電力丸井グループ日新の計8社が並んだ。最も設立が新しいアルファシステムズでも1972年。いずれも歴史のある会社がそろう。

以下、99.6%で9位の京都銀行から、100位で3社並ぶ福岡銀行SCSKオリエントコーポレーションでも90.5%と、ランキング100社全社が「90%以上」という、高い数値となっている。

次ページ新卒重視の会社ほど離職率が低い
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
カジノ解禁法があぶり出す<br>ギャンブル依存症の恐怖

経済の起爆剤として期待がかかるカジノ法。一方で、ギャンブル依存にも注目が集まる。依存症者がつぎ込んだ額は平均1200万円超。意志の問題ではなく病気である。その実態に迫る。