日経平均は後場も続伸、終値2万0600円台 

国内政局に対する過度な懸念後退も好感

 10月3日、東京株式市場で日経平均は大幅続伸した。米国の堅調な経済指標を支えに米主要株価3指数が最高値を更新したほか、円安基調が継続。大型株を中心に買いが優勢となり、上げ幅は200円を超えた。写真は都内で2015年6月撮影(2017年 ロイター/Issei Kato)

[東京 3日 ロイター] - 東京株式市場で日経平均は大幅続伸した。米国の堅調な経済指標を支えに米主要株価3指数が最高値を更新したほか、円安基調が継続。大型株を中心に買いが優勢となり、上げ幅は200円を超えた。終値は2015年8月17日以来、2年1カ月ぶりの高値を付けた。

日経平均は後場一段高となり、2万0600円台を回復した。前場中盤まで節目の2万0500円を手前にもみ合いを続けたが、これを上回ったことで株高に弾みがついた。

先物のショートカバーが主導したとみられており、「後場にも同様の動きが見られた」(国内証券)との声が聞かれた。「目先の節目を上抜けたことで、目線が上向きになってきた。海外投資家が買っているとの思惑も浮上し、相場を支援した」(国内証券トレーダー)との指摘もあった。

TOPIXも続伸。終値は15年8月11日以来の高値を付けた。業種別では鉱業を除く32業種が上昇。値上がり率トップは不動産だった。東証1部売買代金は2兆2821億円。

市場では「ここからは過熱感も出てくる。一気に2万0800円に向かうというわけではなく、一段ずつ階段を上っていくような動きになるのではないか」(証券ジャパンの調査情報部長、大谷正之氏)との見方も示されていた。

大型株が堅調だった一方、JPX日経中小型株指数<.JPXNKMSC>の上昇率は0.08%と小幅高にとどまった。

一方、「希望の党」代表の小池百合子東京都知事が22日投開票の衆院選に出馬しない考えを示したと読売新聞が報道。国内政局に対する過度な懸念が後退したことも支援材料になったという。

個別銘柄では、減益決算が嫌気されたクリエイトSDホールディングス<3148.T>が急落。同社が2日発表した2017年6─8月期の連結業績は売上高が増加した一方、人件費の増加などが利益面で響いた。

半面、アサツー ディ・ケイ<9747.T>が急伸。同社に対し米投資ファンドのベイン・キャピタルが2日、1株3660円で株式公開買い付け(TOB)を実施すると発表。きょうの終値はこれを上回る3800円だった。「筆頭株主の英WPP側はべインによるアサツーDKの買収額が過小だと指摘しており、TOB価格がつり上げられるとの思惑が広がった」(国内証券)という。

東証1部の騰落数は、値上がり1172銘柄に対し、値下がりが759銘柄、変わらずが99銘柄だった。

日経平均<.N225>

終値      20614.07 +213.29

寄り付き    20475.25

安値/高値   20438.17─20628.38

 

TOPIX<.TOPX>

終値       1684.46 +10.84

寄り付き     1680.27

安値/高値    1676.13─1685.10

 

東証出来高(万株) 145094

東証売買代金(億円) 22821.80

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
本気になった富士フイルム<br>不正会計を機に大手術

「経営者に大事なことは、ピンチをチャンスに変えること」と語る古森重隆会長。富士ゼロックス海外子会社の不正会計発覚後、親会社の富士フイルムHDは関与を強め、出直しを図る。