ドンキ「4Kテレビ」は第2弾も速攻で売れるか

部品の供給元は非公表、3カ月で後継機が発売

ハロウィンの装飾で賑わいをみせるドン・キホーテ中目黒本店。前回のテレビ発売時にはテレビを目当てに来店する客も増えたという(記者撮影)

「驚安の殿堂」で瞬間蒸発し、話題をかっさらった4Kテレビが帰ってきた。全国でディスカウントストアを展開するドン・キホーテ(以下ドンキ)は2017年6月15日に同社初となる4K対応50型液晶テレビを発売し、瞬く間に4400台が完売となった。

初回導入数の3000台が完売し、商品の再販を求めるお客からの声に応えて1400台を追加導入したものの、こちらもすぐに完売。生産終了となったドンキの大ヒット商品だ。

その後継モデルが5万4800円(税別)という価格を据え置き、10月3日から全国で順次発売となった。今回は、具体的な生産台数を明らかにしていないが「前のモデルより大幅に生産台数を増やして販売する」(ドンキ)としている。

第2弾は何が変わったのか?

前回の機種からの変更点は、画面の明るさが300カンデラ毎平方メートル(輝度の単位)から350カンデラ毎平方メートルに向上したことだ。この数字が大きいほど画面が明るくなる。10万円台以上の他社が販売する4K液晶テレビと比較すると輝度は低いが、リビングで見るには十分な明るさだという。

前回は4400台が瞬間蒸発。3カ月という短さで後継機種が販売になった(記者撮影)

「前回の機種では、購入者から画面が暗いので明るくしてほしいという要望があった。輝度を高めたことが大きな改善点」と開発を担当したトレンドセレクトMD開発本部・マネージャーの寺尾尚之氏は説明する。

前回の4K液晶テレビが完売に至った要因は、東芝製のメインボード(電子回路基板)を搭載していた点と、5万4800円(税別)という圧倒的な安さだ。4K液晶テレビの価格は新機種が発売されるたびにじりじりと下がっているが、他社製4Kテレビは同じ50型の場合、10万円前後の価格帯であり、ドンキが圧倒的に安い。

「6月に発売したときに、他社が追随して値下げ攻勢をかけてくると想定していたが、どこも仕掛けてこなかった。5万円台という価格帯はいまだに圧倒的な強さだ」(寺尾氏)

次ページ今回は東芝製なのか?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
日本を動かす<br>地方の名門企業77

日本各地には、地元財界の顔として政治力・経済力をいかんなく発揮している企業がある。圧倒的な存在感とパワーを持つ名門企業の実態に迫り、今後の成長が期待できる地方発“次世代企業”を取り上げた。