義務・強制なし、「進化形PTA」の"柔らかい発想"

「来られる人は来てください」方式で成功

校長主導でPTAを変える。義務や強制がないPTCAとは?(写真:学校提供)

うちの学校には世間一般でいうPTAがありません。代わりに、義務や強制が一切なく、会費すらもない、保護者と学校と地域の組織(PTCA)があります。活動はすべてやりたい人がやるボランティア方式でまわっています」

あるとき筆者は、こんな内容のツイートを目にしました。日本のPTAがみんなこうなったらいいのですが、残念ながら現実にはめったに聞かない話です。本当なのか? もしや外国の話?

半信半疑で尋ねたところ、外国ではなく、愛知県豊田市にある公立の学校とわかりました。聞けば2014年に新設された小学校と、2016年に新設された中学校で行われている取り組みだそう。なおPTCAの「C」は、地域(コミュニティの頭文字:C)を表します。

立役者はどうやら、ある校長先生のようです。さっそく学校に連絡を入れ、取材をお願いしました。

「浄水中PTCA」はこうやって運営されている

愛知県豊田市立浄水中学校校長・片桐常夫先生。新設校である浄水北小(2014年)、浄水中(2016年)でPTCAを立ち上げた。「日本一あいさつが短い校長(10秒)」としてTVで紹介されたこともある(著者撮影)

名古屋駅から電車で約40~50分、名古屋鉄道豊田線・上豊田駅で下車。豊田市立浄水中学校は、ここから徒歩10分ちょっとのところにあります。

学校の周囲は、ゆったりとした住宅街です。新しい家やマンションが多く、畑や空き地も残るなか、時折昔からの住戸も見られます。住民はトヨタ自動車の関係者が多く、退職した高齢者も増えているそうです。

浄水中学校に到着。開校して2年目なので、まだ何もかもピカピカです。校長室で、じっくりお話を聞かせてもらいました。

次ページ手伝いできる人をその都度募集する
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
EV(電気自動車)ショック<br>大転換の勝者と敗者

ガソリン車から電気自動車へ、世界中でEVシフトが進んでいる。日本の自動車業界は大転換を迫られ、部材メーカーの勢力争いも本格化。日本経済はこの地殻変動を乗り越えられるのか。