ライアンエアーからパイロットが逃げている

6週で2100便を取り消し、LCCの雄が大迷走

ライアンエアーの保有機数は全部で400機に達する(同社プレスサイトより)

年間1億人を運ぶ、欧州最大の格安航空会社(LCC)ライアンエアー。この秋、多数のパイロットが同時に長期休暇を取っており、ダイヤどおりの運航が不可能になったとして、10月末までの6週間に飛ぶ予定の定期便13万便のうち、2100便のキャンセルを決めた。

この連載の一覧はこちら

1日当たり2500便以上を飛ばす同社は「取り消すのは全運航便のわずか2%」と強気の姿勢だが、キャンセルに遭った利用客への補償に加え、欧州各国の関係当局からも巨額の罰金を科される可能性も取りざたされている。

ロンドンの新聞やネット上には、同社の対応の悪さを伝える報道がやまない。ルフトハンザやエールフランスといった欧州各国を代表するレガシーキャリアを乗客数で追い抜き、欧州トップに躍り出るなど順調に業績を伸ばしてきたライアンエアーが突如迷走状態に陥った理由はどこにあるのだろうか。

当初は仏管制ストが理由と説明

ライアンエアー便の大規模キャンセルが勃発したのは、9月12日のことだった。この日の取り消し便は同社全体で110便に上り、4万人以上に影響が出たという。過去2年間の統計によれば、9月の1日当たりの利用客は30万人前後と推定されるので、1割以上がキャンセルに巻き込まれたことになる。

このとき、同社は大規模キャンセルについて、「エマニュエル・マクロン仏大統領の労働改革に反対する、フランス管制官のストライキが原因」としたうえで、「フランス発着便だけでなく、同国の上空を行き交うフライトも影響を受け、キャンセルはやむなし」と説明していた。

次ページ多くの利用客から怒りの声
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
アジアから訪日客が殺到<br>大阪・ミナミの熱気と困惑

4年で5倍に外国人観光客が増えた大阪。中でも道頓堀や心斎橋など大阪・ミナミの中心エリアにアジアからの訪日客が押し寄せている。リピート客も多い。ミナミの魅力に迫る。