競売でゲット、英鉄道「ワンランク上の空席」

最低5ポンドから入札、温かい食事付き

入札をモチーフにしたヴァージントレインズのPRイメージ。実際にはアプリでオークションが行われる(写真:Virgin Trains)

「普通車が満席なのに、グリーン車には空席。空気を運んでいるくらいなら安く分けてくれたら良いのに……」

繁忙期で混み合う新幹線や特急列車に乗ると、こんな恨み節を言いたくなることがある。

英国でこの9月から、「一等車に入札制で普通車からアップグレード」という新しい試みが始まっている。普通車のきっぷを買った乗客は、スマートフォンのアプリ経由のオークションで落札すると、当該列車の一等車に乗車できるというシステムだ。

このような画期的ともいえるスキームを取り入れたのは、航空会社も運営するヴァージングループの傘下で、ロンドンとスコットランドを結ぶ東海岸線(イーストコーストライン)を運営するヴァージントレインズ。同社によると、「ロンドン~エディンバラ間の普通車と一等車の差額は90ポンド以上」。一等車に乗れば、ゆったりと飛行機のビジネスクラス並みの広い座席に座れるだけでなく、温かい食事を自席で楽しむことができる。そんな充実したサービスが、もしほかに入札者がいなければ最低の入札額5ポンド(約750円)で得られるというのだから驚きだ。

入札は始発駅の発車2時間半前から

では、このオークションの中身を具体的に見ていくことにしよう。

一等車にアップグレードするためには、まず、東海岸線を走る列車の普通席前売り切符をオンラインで購入する必要がある。その後、入札の際にはチケット購入時に付されている予約番号を専用アプリに入力することになる。

オークションに入札できるのは当該列車発車時刻のおよそ2時間半前から30分前までとなっている。5ポンド以上の好きな金額を入力して結果を待つと、落札できた場合はアプリを通じて新しいチケットが送付されるという仕組みだ。

なお、入札できる区間は必ずしも始発駅からだけ、という制限はない。列車が走るどの区間でも入札できる。

オークションが実施されるのは月~金曜のみ。ちなみに土・日曜は普通車のチケット代プラス一律15~25ポンド増しで一等車に乗れることになっている。温かい食事ではなく、スナックとお茶程度のサービスのみとかなり見劣りするが。

次ページ提供されるサービスは?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
インテルの<br>パラノイア的技術経営

インテル中興の祖、アンディ・グローブ。数々の英断で、プロセッサー半導体市場で無双の企業を作り上げた。グローブの愛弟子である、インテル全盛期のトップが語る技術経営の神髄。