バブルは「鶴の一声」で、ある日突然崩壊する

ビットコイン価格暴落は何かのサインなのか

一見、バブルはいつまでも続くように見える。だがある日突然、崩壊する(写真:Gearstd / PIXTA)

日本株は北朝鮮リスクが意識されて一時下落したものの、9月11日以降、急速に切り返してきた。ヘッジファンドの仕掛け売りだった可能性もあるが、カリスマ投資家の内田衛氏は、8月末からの約2週間、どんな取引をしていたのだろうか。また、今後の相場についてはどう見ているのだろうか。いつものように「株日記」を見てみよう。

8月分の配当金は、合計約60万円也!

【8月28日 月曜日】今日は、8月権利付き最終売買日。保有銘柄では、ビックカメラ(3048)DCMホールディングス(3050)リソー教育(4714)コジマ(7513)日本BS放送(9414)吉野家ホールディングス(9861)が権利日となる。合計受取配当金は、税引き後で約60万円の予定。

焼き鳥屋チェーンの鳥貴族(3193)が、10月より、280円(税別)から298円(税別)へ28年ぶりの値上げを発表した。ここのお店はよく行くのだが、行ったことのない方へ説明しておくと、ビール、ワイン、ソフトドリンク、焼き鳥、デザートなど全品が280円(税別)なのだ。居酒屋業界の100円ショップ的なお店だ。本日の株価は、213円高(8.19%)の2815円と東証1部値上がり率第5位。日経平均株価は、2円安の1万9449円と小反落。

【8月29日 火曜日】午前5時58分、北朝鮮からミサイルが発射され、6時6分、襟裳岬を通過し、約1180キロ飛んで6時12分に落下した。6分間で1180キロ飛ぶということは、分速約200キロ、時速1万2000キロという速さになる。

こんな速さで飛んでいるミサイルを迎撃する技術はすごいと思うが、的中率は100%ではないし、怖いな。北朝鮮もわざわざ意識して、陸上ではなく海上(北海道と青森の間)を飛ばしたのだろうか。9時2分、高配当利回り銘柄で注目していたみずほフィナンシャルグループ(8411)が、1.5円安の186.1円を付け、4カ月半ぶりに年初来安値を更新した。

直近安値は、4月17日に付けた186.7円。終値は、0.1円安の187.5円。長期金利の低下が原因のようだ。12時39分、リソー教育を870円で3000株売り、15万4430円の利益確定、買いは7月11日に818円で。ひとまずリバウンドして、7円配当の権利も取れたので利益確定した。残りの保有株は、平均買値379円で10万株。終値は、5円高の872円(7円配当落ち分も考慮すると前日比+12円)。為替は、1ドル=108円30銭台をつけ、約4カ月半ぶりの円高ドル安に。日経平均は、87円安の1万9362円と続落。

次ページ売り出される日本郵政株を買えば、利回りは?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
発電所のアキレス腱<br>盲点の火山灰リスク

「電力の大問題」最終回は火山灰がテーマ。地震や津波と比べて、社会インフラへの影響は見過ごされがちだったが、発電設備への被害が予想外に大きくなる可能性がわかった。