日本郵政株「追加売り出し」、買うと儲かるか

9月末からの株価下落には要注意?

3社同時上場からそろそろ2年、日本郵政株が売り出しへ。買ってもいい?(撮影:尾形文繁)

衆議院は解散、10月22日の総選挙が決定。すでに株価は解散を先取り。報道が伝わるといち早く動いていた。この間、カリスマ投資家の内田衛氏はどんな売買を行っていたのか。また今後の株価見通しは? いつものように、「株日記」で振り返ってみよう。

日本郵政、まさかの上昇!カラ売り勢力は大変だ

この連載の一覧はコチラ

【9月11日 月曜日】先週末の日経225先物(12月限)は、30円高の1万9170円、NYダウは、13ドル高の2万1797ドル。1ドルは107.82円、1ユーロは129.73円。しかし、本日の日経平均株価は、270円高の1万9545円と大幅高。その理由は、北朝鮮の建国記念日(9月9日)に、何もなかったからなのか? 15時47分、日経速報メールで、財務省が9月中にも日本郵政株を最大1兆4000億円追加売却、と正式発表。本日の日本郵政(6178)の株価は、23円安の1321円。

【9月12日 火曜日】午前5時半、日経225先物は、150円高の1万9560円、NYダウは、259ドル高の2万2057ドル。S&P500指数は、2488.11と過去最高値を更新した。昨日、第2次売り出しを正式発表した日本郵政は、52円高の1373円と大幅高。日経平均は、230円高の1万9776円と大幅続伸。この大幅続伸は、売り方の買い戻しなのか? 想定外の展開だな。

【9月13日 水曜日】午前5時半、日経225先物は、100円高の1万9730円、NYダウは、61ドル高の2万2118ドルと最高値更新。6時、1ドルは110.14円、1ユーロは131.80円と円安進む。日本郵政は、1000億円の自己株買い(1株1373円で7283万3200株、発行済株式の1.77%)を立会外取引で実施した。売り方は、財務省で同数の売り注文を出す。目的は、追加売却の影響で、市場の需給が悪化するのを緩和し、株主還元を強化するためだそうだ。これは既存株主への配慮と第2次売り出し価格を高くするためであろう。

本日の株価は31円高の1404円と、2015年11月の第1回目の売り出し価格1400円を上回ってきた。売り出しのニュースが出てから、需給悪化で下がることをもくろんで、大量のカラ売りが入り、9月5日には、1272円の安値をつけた。だがその後、10月より日経225銘柄への採用発表や、ゆうパックの値上げ、そして自己株買いと立て続けに株価上昇の材料が出て、売り方はまさかの展開で苦しそうだ。日経平均は、89円高の1万9865円と3日続伸。

次ページ吉野家とはなまるうどんの「はしご定期券」とは?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
J.フロントの財務改革<br>「店舗BS」の威力

「店舗BS(バランスシート)」を導入し、傘下の大丸、松坂屋で改革を進めるJ.フロント。不動産事業強化で「脱百貨店経営」に突き進む。山本社長は「大転換期。資産効率を高める」と語る。