深圳の幼稚園児が香港へ「越境通園」するワケ

中国本土から香港に通う子供たち<上>

いま香港は、どれほど中国化しているのだろうか
香港がイギリスから中国に返還されて20年が経った。香港が置かれた「一国二制度」とは、高度な自治を約束され、中国本土の社会主義体制に染まる必要がない50年の猶予期間。当初はこの間に、中国が香港化するのではないかという「期待」もあっただけに、今日の結果を誰が予想できたであろうか。
現実は、香港が中国化してしまった。その現実を認めるには、なにも返還記念式典に中国の習近平国家主席がやって来て、「中央政府への挑戦は許さない」と演説して香港の独立気運ににらみを利かせる必要も、閲兵式と称して誰に銃口を向けているかわからない人民解放軍を見せびらかす必要も、実はなかった。
ここに取り上げた中国人の庶民の目を通して見れば、香港がいかにして中国化しているのかがよくわかる。香港と中国本土の間(はざま)にいる家族を通じて浮き彫りになる「香港問題」を3回に分けてお届けする。

深圳から香港まで登校

香港と深圳を結ぶ文錦渡の出入境管理。わが子の帰りを待つ親たち

中国大陸南部の広東省にある経済都市、深圳。深圳は香港と隣り合っており、徒歩で往来できる出入境ゲートを複数持つ。その1つである「文錦渡(ぶんきんと)」ゲートを、気温も湿度も高い6月のある日に訪ねた。香港からやって来る人たちの出口は、空港の到着ロビーのような雰囲気だが、「ちょっと近所にお買い物」風のラフな服装の大人たちが集まり、わが子の帰りを待っていた。

午後4時過ぎ、香港から深圳に戻って来た子どもたち、文錦渡で撮影

午後4時を過ぎる頃から、制服を着た子どもたちが次々と現れる。体操着らしき半袖半ズボン姿もあれば、白いブラウスとスカートの日本でいえばお嬢様学校を連想させる姿もある。皆、一様に首からパスポート大のクリアケースをぶら下げている。中に入っているのは彼らが毎日ゲートを通るために必要な通行証である。顔写真が入った日本の運転免許証のような形式である。

次ページ香港の学校に越境入学
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
アジアから訪日客が殺到<br>大阪・ミナミの熱気と困惑

4年で5倍に外国人観光客が増えた大阪。中でも道頓堀や心斎橋など大阪・ミナミの中心エリアにアジアからの訪日客が押し寄せている。リピート客も多い。ミナミの魅力に迫る。