「関西大手私鉄」朝のノロノロ運転ランキング

ワースト1位の速度は自転車並み

南海電鉄本線の普通列車。南海には「普通」と「各駅停車」が別に存在する(写真:tesshy / PIXTA)

大手私鉄各線を走る朝の通勤列車はどのくらい速いのか。このテーマで、これまでに関東編(「朝」の首都圏大手私鉄、一番速い列車は何か)と関西編(「朝」の関西大手私鉄、一番速い列車はどれだ)、そして日本全国(全国大手私鉄「朝ラッシュ」最速運転ベスト20)3本の記事を掲載してきた。

逆に、いちばん遅いノロノロ運転の列車はどれかを調べてみたのが、6月に掲載した「『朝』の首都圏大手私鉄、遅い列車はどれか」である。今回はその関西編として、「私鉄王国」ともいわれる関西の大手私鉄で遅い列車はどれかを調査してみた。

調査のルールは関東編と同じ。時間帯については、7時30分~9時30分までに都心の終点駅に着く直通列車を対象とした。区間は一部を除き、各駅停車及び各種の優等列車すべてが停車する駅のうち、都心から最も離れた駅を起点とした。まず各鉄道会社・路線ごとにその特徴や表定速度の遅い列車を取り上げ、最後に各路線の各停や準急、快速など、種別ごとに最も表定速度の遅い列車を1本ずつ選んだうえでランキングした。

早朝は普通列車がない路線もある

それでは検証に入ろう。紹介する順番は、日本民営鉄道協会や国土交通省の資料などで見られる順に従った。近鉄・南海・京阪・阪神・阪急の順である。

まずは日本最大の私鉄、近畿日本鉄道(近鉄)だ。奈良線・難波線(近鉄奈良―大阪難波・32.8km)から見てみよう。奈良から大阪へ向け、東から西へとほぼ水平に突っ切る路線だ。時刻表をみると5時台~6時台は快速急行・急行・準急・区間準急と優等列車だけが並ぶ。これは準急が始発の近鉄奈良から8駅先の石切まで、区間準急は12駅先の東花園まで各駅に停車し、普通列車の役割を兼ねているからだ。

7時台になって、やっと普通列車が3本登場する。最も遅いのが7時28分発の尼崎行き。大阪難波までの所要時間は70分で、表定速度は28.1km/h。次いで遅いのは8時37分発の区間準急で、所要時間56分、表定速度は35.1km/hだが、難波到着が9時33分のためランキング対象外だ。

次ページ路線延長が長い近鉄各線の「遅い」列車は?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
人生に差がつく経済学<br>行動経済学で賢くなる!

キャリアでも恋愛・結婚でも役立つ、行動経済学。今年、ノーベル経済学賞を受賞した分野だ。人間の非合理的な行動を説明し、働く人に有益。経済学者とライザップ社長の対談も掲載。