円安は、アベノミクス前から始まっていた

ユーロ危機一服で円買い減少、そこに投機筋が仕掛けただけ

円安は、アベノミクスの大胆な金融政策とセットで語られやすいが、本当か(撮影:尾形 文繁)

前回、次の三つのことを述べた。

(1)日本の短期国債に対する海外からのネット投資が、3カ月移動平均で見て、2012年9月に15兆円程度で頭打ちになった。これが円高圧力を軽減した。

(2)それを受けて、円安に向かって投機が発生し、円安が進行した。これが株価上昇の期待を高めた。

(3)非居住者のネットの株式投資は、12年10月以降は継続的にプラスになり、12月からは、毎月1兆円を超えるプラスになった。3カ月移動平均で見ると、4月にはネットの投資額は3兆円を超えた。これが株価上昇の直接的な原因となった。

以下では、投資動向を投資形態別・地域別に見ることによって、以上のプロセスの詳細を解明しよう。なお、以下では、前回と同じように、3カ月移動平均(該当月と前後1カ月の平均)で見ることとする。

図に示すように、短期債のネット投資は、欧州からも英国からも、10年初め頃から増え始めた。これは、ユーロ危機によって欧州国債から逃避した資金の「リスクオフ」行動の結果だったと考えられる(ギリシャ危機の端緒は、10年1月)。

欧州、英国からのネット投資は、11年8月頃がピークになった。ピーク時のネット投資額は、欧州5兆円、英国6.8兆円だった。全世界からのネット投資が2.8兆円だったので、英国のウエートの高さが分かる。

欧州の中で額が大きい国は、英国とルクセンブルクだ。ただし、最終的な資金運用者は、英国やルクセンブルクの居住者とは限らない。両国とも国際金融センターとなっており、オイルマネーなどの運用を行っている。また、中国など新興国のソブリンウエルスファンドなども、これらの国の運用会社が運用していると言われる。英国やルクセンブルクからの投資は、こうした性格の資金だ。

次ページ欧州からの資金流入が減少
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。