マクドナルド「原田神話」、終わりの始まり

原田社長、中核子会社トップの座ついに譲る

カサノバ氏は「日本のチームと協力して、さらに強い基盤をつくる」と表明

カサノバ氏は日本の外食産業の事情に詳しく、各国のマクドナルドで経験を積み、さらにマーケティングやマネジメントの経験を持っている。日本の外食市場の縮小が続く中、「一刻も早く売り上げを回復させるために、8月という異例の時期に社長交代を行った。私は“ベストタレント”だと思っている」と原田社長は話す。

カサノバ氏は「グローバル化推進に意欲」

今後、注目すべき点は、カサノバ新社長がどういった手を打つのか、そして原田社長はいつまで持ち株会社であるホールディングスのトップにとどまるのか、の2点にある。

日本マクドナルドは原田氏のリーダーシップの下、海外マクドナルドと戦略を一体化して、成功事例の導入を進めてきた。100円マック、プレミアムローストコーヒー、クォーターパウンダーといった商品の投入に加え、最近では店舗デザインや人材育成についても、グローバルのマクドナルドと一体化を進めている。

原田氏は「米マクドナルドコーポレーションの資産としては、ビジネスモデル、人材、メニューなどが独自の強みだ。これをもっと日本と連動するところにビジネスチャンスがある」と強調。

カサノバ氏も、「マクドナルドは日本で強力なビジネスの基盤を築いてきた。日本のチームと協力してさらに強い基盤をつくる。優先すべき事項は最高の顧客体験だ。デリバリーはエジプト、マックカフェはオーストラリア、ドライブスルーはアメリカ、マックフルーリーはカナダの成功事例だ。こうしたものについて、(各国のマクドナルドと)コミュニケーションを密にしてアイディアを交換したい」と、日本マクドナルドのグローバル化推進に意欲を見せる。今後は全国各地の店舗を回って、スタッフやFCオーナーと話し合いの機会を設ける予定だという。

次ページ“原田神話”終わりの始まりか
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1週間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
秋から始める<br>プログラミング

30~50代、しかも、金融、不動産など幅広い業種の社会人がプログラミングを学び始めている。1カ月でマスターする方法、高収入が得られる言語を紹介。読めば秋から始めたくなる。