ボルト「スタートが命取り」、有終の美飾れず

3位に沈む、優勝はガトリン

 8月5日、陸上の世界選手権、男子100メートル決勝で3位に終わったウサイン・ボルトは、スタートが敗因だったとの見方を示した(2017年 ロイター/John Sibley)

[ロンドン 5日 ロイター] - 陸上の世界選手権、男子100メートル決勝で3位に終わったウサイン・ボルト(ジャマイカ)は、スタートが敗因だったと語った。

今大会限りで引退するボルトはレース後、「スタートが命取りだった。通常はラウンドをこなすごとに良くなるが、今回はうまくいかなかった。それが敗因となってしまった」とコメント。

「きつかったし、少しストレスもあった。それでもほかの大会と同じように取り組み、ベストを尽くした」とし、スターティングブロックについては「自分に完全に合っているとは言えないが、対応するしかない。文句は言えない」と話した。

また、優勝したジャスティン・ガトリン(米国)について、「彼は素晴らしい競争者。彼に勝つためには最高の状態でなければならない。彼と対戦できたことに心から感謝している」と述べ、ライバルを称えた。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
ビームスの流儀

1976年に創業し、90年代の渋カジブームを牽引したビームスが今も元気だ。創業以来赤字知らず。40年、最先端を走り続けられる秘密は何か。設楽洋社長への独占インタビューを掲載。