前場の日経平均続伸、アップル関連など堅調

金融株などが賑わい、TOPIXは年初来高値更新

 8月2日、前場の東京株式市場で、日経平均株価は前日比82円87銭高の2万0068円66銭となり続伸した。写真は都内にある証券会社の株価ボード前で2015年6月撮影(2017年 ロイター/Issei Kato)

[東京 2日 ロイター] - 前場の東京株式市場で、日経平均株価は前日比82円87銭高の2万0068円66銭となり続伸した。前日の米国市場では金融株が上昇したことに加え、米アップル<AAPL.O>が好決算を受けて時間外取引で急伸。東京市場でも金融株の一角やアップル関連のハイテク、電子部品株などが賑わいを見せた。好業績銘柄にも継続して押し目買いが入った。

TOPIXは年初来高値を更新し、0.28%高で前場の取引を終えた。セクター別では、鉄鋼の上昇率がトップ。電気機器、その他金融がこれに続いた。半面、水産・農林、鉱業、建設が軟調だった。

通期業績予想を上方修正したホンダ<7267.T>が3.2%上昇と主力輸出株をけん引した。水戸証券ストラテジスト糸賀雅史氏は「国内決算は想定より良いものが多い。ただ、海外時間で為替が1ドル110円を割り込んだことは心理的に重荷となっている」と述べた。

東証1部の騰落数は、値上がり1041銘柄に対し、値下がりが848銘柄、変わらずが131銘柄だった。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1週間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
秋から始める<br>プログラミング

30~50代、しかも、金融、不動産など幅広い業種の社会人がプログラミングを学び始めている。1カ月でマスターする方法、高収入が得られる言語を紹介。読めば秋から始めたくなる。