非行少女を救う”元ヤン”生活アドバイザー

更正のきっかけは意外な一言

生徒指導アドバイザーという職業を初めて耳にした。主に中学生の生徒を対象に、教育委員会や各学校と連携して、暴力や不登校などの問題行動に対応する仕事で、警察OBが就くことが多いらしい。

僕が中学生の頃は、担任や学年主任の教師がすべての「問題行動」に対応していて、ほとんどの場合は力で押さえつけるか、不首尾に終わっていた記憶がある。ちなみに僕はガリ勉優等生だったので、「こんな暴力支配の学校は1日も早く卒業して自由な進学校に入りたい」と願っていた。あれから20年が経つ。今でも付き合いのある友人は、優等生の集まる高校よりも、嫌いだったはずの中学時代の人たちが多いのはなぜだろうか。

話を戻そう。有田仁美さん(35)は愛知県西尾市の教育委員会に雇われている生徒指導アドバイザーだ。経歴はかなり特殊で、20年前は自らが教師たちから指導されまくる超問題生徒であり、中学校卒業後も暴走族を続けていた。その有田さんが27歳で生徒指導アドバイザーに抜擢され、現在に至るまで仕事に没頭しているという。いったいどのような仕事なのか。有田さん自身は何をきっかけに更生し、どんな思いで働いているのだろうか。西尾市役所内の教育委員会を訪れた後、喫茶店に移動して話を聞くことにした。

「子どもたちの前ではカッコつけなくちゃいけないので、高いヒールを履いています。身長の低さがバレる体育館は苦手です(笑)」
次ページ一緒に土下座をすることも
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。