米国とロシア「サイバー戦争」のリアルな危険

水面下でせめぎ合いが続く現状

オバマ政権のロシアへの対応はどのようなものだったのか(写真:BeeBright / PIXTA)

「私たちの情報機関は常に法律に従っている」

メルセデスベンツの運転席でハンドルを握るロシアのウラジーミル・プーチン大統領は、まっすぐに前を見つめたままそう断言した。助手席に座っている米国人映画監督のオリバー・ストーンは、その発言に黙って耳を傾けていた。

別の日、大きな丸テーブルに座ったストーンは、プーチンに対して、「あなたには(米大統領選を左右する)大きな影響力がある」と問いかける。するとプーチンは少し表情を緩めてこう答えた。

「ほかの国とは違って、私たちは断じて他国の内政に干渉することはない」――。

せめぎ合いが続く米露のサイバー戦争

本記事は会員制国際情報サイト「Foresight(フォーサイト)」(新潮社)からの転載記事です

このやり取りは、米国で6月12日から4日連続で放映されたドキュメンタリー番組からのシーンだ。アカデミー賞受賞監督のストーンが、プーチンを2年にわたってインタビューしてまとめた、貴重な映像である。

言うまでもなく、このやり取りが注目される理由は、背景に2016年の米大統領選にロシアがサイバー攻撃などで介入したという疑惑が見え隠れしているからだ。

このインタビューが放映されてから10日ほど経った6月23日、米『ワシントン・ポスト(WP)』紙が長編のスクープ記事【Obama’s secret struggle to punish Russia for Putin’s election assault,The Washington Post,June.23】を公開した。これによると、バラク・オバマ前大統領が、米大統領選に干渉したロシアに対してサイバー攻撃を仕掛ける命令を下し、その作戦はドナルド・トランプ大統領に引き継がれているという。

ロシアやアメリカのサイバー攻撃は、その特性から非常に「目に見えにくい」ものだ。しかし、水面下では様々な思惑の混じり合ったせめぎ合いが続いている。米大統領選の背後で蠢いていた米露によるサイバー戦争の実態に迫りながら、今回WPが明らかにした、オバマ政権の対ロシア対応はどんなものだったかを紐解きたい。

次ページ1年かけて重要情報を盗む
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1週間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
能力「見える化」で採用を変える<br>働き方改革の起爆剤

自分の能力がどこまで通用するのかを世界的に証明するQF。能力を「見える化」する、国をまたいだ評価の物差しだ。「働き方改革」でQFが果たす役割は大きい。改革の起爆剤になるのか。