失恋でバレる!「一生、モテない人」の3大欠点

「フラれた後の行動」に全部、出ます

失恋ソングを聴くのに大忙し(写真:HIME&HINA / PIXTA)
「学歴・頭のIQ」で、「仕事能力」は判断できない。仕事ができるかどうかは、「仕事のIQ」にかかっている。
『世界中のエリートの働き方を1冊にまとめてみた』と『一流の育て方』(ミセス・パンプキンとの共著)が合わせて25万部突破の大ベストセラーになった「グローバルエリート」ことムーギー・キム氏。
彼が2年半の歳月をかけて「仕事のIQの高め方」について完全に書き下ろした最新刊『最強の働き方――世界中の上司に怒られ、凄すぎる部下・同僚に学んだ77の教訓』は、早くも20万部を突破、翔泳社主催の「ビジネス書大賞 2017」の大賞を受賞し、世界6カ国で翻訳も決定するなど、世界中で注目を集めている。
本連載では、ムーギー氏が「世界中の上司に怒られ、凄すぎる部下・同僚に学んだ教訓」の数々、および「日常生活に現れる一流・二流の差」を、「下から目線」で謙虚に紹介していく。
本連載の感想や著者への相談、一流・二流の体験談・目撃談はこちら

引き際がわからない「二流の失恋者」

ファンの皆さま、お待たせしました!「ムーギー・キムのグローバルマガジン」が6月9日に創刊します。0号(サンプル)は無料でお読みいただくことができます。会員特典満載のグローバルマガジンのお申込みはこちらから(ここだけの話ですが、今なら先行特典で6月9日発刊予定の01号もお読みいただけます)

 

「うぉおーん、おん、おん、おん、3年も付き合った彼女にフラれてしもた~~!」

6月といえば、5月病を乗り越え、新入社員としてのスタートダッシュを切る前向きな一流の人々がいる。

しかしその一方で、新たな生活環境につきものの「別れ」を乗り越えられず、フラれて向こう2年間も引きずるような、二流の恋愛観しかもてない、文字通りモテない残念な人たちも存在する。

人は恋人にフラれたとき、「最後の引き際」にその人の真価が出るものだ。

一流の人は「フラれ方」も一流なものだが、逆境に弱く依存性の強い「二流の失恋者」は、この手の不幸を受容するためにたどる「悲しみ→怒り→受容」という“あきらめのサイクル”をたどることができない。

代わりに、いつまでも過去の栄光にすがりつき、Facebookで元カノ・元カレとの写真をひたすら眺め、毎日のようにInstagramをチェックするという、見事なまでに「サイバーストーカー」に転落する、恥ずかしい人々も実在する。

「頭のIQや学歴」と「立派に堂々とフラれることができるかどうか」は関係ない。世の中には、その「フラれ方」を見るだけで、その人の仕事能力や人格的成熟度が、いやが応でもバレてしまうものだ。

それでは、「フラれ方」で一発でバレる、その人の「人間的欠陥」「人格的故障」は何なのか? 早速、紹介しよう。

次ページ「過去の思い出」に取りつかれる人たち
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
アジアから訪日客が殺到<br>大阪・ミナミの熱気と困惑

4年で5倍に外国人観光客が増えた大阪。中でも道頓堀や心斎橋など大阪・ミナミの中心エリアにアジアからの訪日客が押し寄せている。リピート客も多い。ミナミの魅力に迫る。