「新卒採用」でバレる!二流企業の3共通点

「ひどい面接官」多すぎ!御社は大丈夫?

採用活動でバレる「二流企業の実態」とは(写真 : プラナ / PIXTA)
「学歴・頭のIQ」で、「仕事能力」は判断できない。仕事ができるかどうかは、「仕事のIQ」にかかっている。
『世界中のエリートの働き方を1冊にまとめてみた』と『一流の育て方』(ミセス・パンプキンとの共著)が合わせて25万部突破の大ベストセラーになった「グローバルエリート」ことムーギー・キム氏。
彼が2年半の歳月をかけて「仕事のIQの高め方」について完全に書き下ろした最新刊『最強の働き方――世界中の上司に怒られ、凄すぎる部下・同僚に学んだ77の教訓』は、早くも20万部を突破、「ITエンジニアに読んでほしい!ビジネス書大賞 2017」の大賞を受賞し、世界6カ国で翻訳も決定するなど、世界中で注目を集めている。
本連載では、ムーギー氏が「世界中の上司に怒られ、凄すぎる部下・同僚に学んだ教訓」の数々、および「日常生活にあらわれる一流・二流の差」を、「下から目線」で謙虚に紹介していく。
本連載の感想や著者への相談、一流・二流の体験談・目撃談はこちら

「就活生」と「採用担当者」はコインの裏表

『最強の働き方』は20万部を超えるベストセラーになっており、「ITエンジニアに読んでほしい!ビジネス書大賞 2017」の大賞も受賞した(書影をクリックするとアマゾンのページにジャンプします)

「ムーギーさん、今回のコラムは、いつにも増して、不愉快です。情報のない、弱い立場の学生さんを二流扱いするコラム、冗談といっても、編集していて不快でした。こんなコラム書いているムーギーさんのほうが、100万倍、立派に二流ですよ。全面的に書き直してください」

これは、私の『最強の働き方』およびオンライン記事を担当する敏腕編集者・中里有吾氏による、私の前回記事(「就活」で即バレる!デキない人の7大共通点)の元原稿を読んだときの、一流の酷評である。

私のコラムはなぜだか炎上度合いが高く、コメント欄がつねに焦土と化すのが恒例となりつつある。「一流のグローバルエリートは、炎上など気にしてない」と思われがちだが、そんなことはない。私も人の子、「お前こそ二流だ!」と書かれるたびに、家に帰ってしくしく涙を流したのも、1度や2度ではない

おまけに、私の最大の応援団であるはずの担当の編集者からも三下り半を突きつけられたからには、私は本格的に「恥ずかしすぎる二流」に転落しているのかもしれない。

しかし、前回の就活生に関する記事で、私の「東洋一の人気コラムニスト」としての輝かしいキャリアを終えるわけにはいかない。コインには裏と表があるのと同様、「二流の就活生」の裏には「二流の採用担当者」がつきものなのだ。

「頭のIQや学歴」と「優れた採用」ができるかどうかは関係ない。その会社の採用活動の実態を見るだけで、その会社の二流っぷりが恥ずかしいほどバレてしまうものである。

それでは、「採用活動」を見ただけでバレる、その会社の「本質的な二流っぷり」とは、どんなものなのか。早速、紹介しよう。

次ページ学生には「ここまで」バレてます
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1週間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
認知症薬の功罪<br>その飲み方は安全か

認知症患者は増加中。認知症薬は進行を遅らせる効果が期待できるが、副作用が深刻。薬漬けを招き、寝たきりも。生活の質を損なっては元も子もない。何のために薬を使用するのか。