どうなる?「J・ビーバー」の英コンサート

中止求めるファンの投稿相次ぐ

 5月23日、アリアナ・グランデの英コンサート会場での爆破事件を受け、カナダ出身の人気ポップ歌手ジャスティン・ビーバー(23)のファンから、近く予定される英国でのコンサートを中止するよう求める投稿が相次いだ。写真は昨年12月ニューヨークで撮影(2017年 ロイター/Andrew Kelly)

[ロサンゼルス 23日 ロイター] - 米歌手アリアナ・グランデの英コンサート会場での爆破事件を受け、カナダ出身の人気ポップ歌手ジャスティン・ビーバー(23)のファンから、近く予定される英国でのコンサートを中止するよう求めるネットへの投稿が相次いだ。

ビーバーは、7月にロンドンのハイド・パークで野外コンサートを予定している。ビーバーのマネージャー、スクーター・ブラウン氏のインスタグラムのアカウントには、ファンから「英国でのコンサートはどうぞ中止して。無事でいてもらいたいから」などとの書き込みが相次いだ。

また、アイルランドに住むあるファンは、来月のダブリンでのコンサートチケットを持っているが、爆発事件を受けて、それらを売ろうかと考えているという。「私たちにも起きるかもしれなかったと考えると恐ろしい」と話した。

今後のコンサート予定についてのロイターからの質問に、ビーバーの代理人からの答えは得られていない。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1週間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
能力「見える化」で採用を変える<br>働き方改革の起爆剤

自分の能力がどこまで通用するのかを世界的に証明するQF。能力を「見える化」する、国をまたいだ評価の物差しだ。「働き方改革」でQFが果たす役割は大きい。改革の起爆剤になるのか。