南スーダンは自衛隊撤収で「終わり」ではない

国際社会を悩ます「世界で一番若い国」の破綻

武力衝突が発生した南スーダンの首都ジュバからドイツ空軍機で緊急退避する在留外国人(2013年12月20日、筆者撮影)

南スーダンの国連平和維持活動(PKO)に派遣されていた陸上自衛隊が5年余りの活動を終了し、5月中に完全撤収する。南スーダンが事実上の内戦状態に陥って"国づくり"が破綻する中、日本では防衛省の「日報隠し」問題など、現地情勢と懸け離れた不毛な論議が繰り返された。

日本にとっては自衛隊撤収をもって"幕引き"なのかもしれない。しかし、これで南スーダンの問題が終わるわけではない。2011年7月に誕生したばかりの「世界でいちばん若い国」で何が起きているのか、日本人はきちんと認識しておく必要があるだろう。

中東とアフリカの境界に位置する国家

まずは南スーダンという国の概要を押さえておこう。

南スーダンは内陸国だ(写真:tomcat / PIXTA)

同国は2011年7月、2次40年間に及ぶスーダン内戦を経て、アフリカ大陸54番目の新国家としてスーダンから分離独立。中東イスラム文化圏のスーダン、キリスト教や伝統宗教を信仰するブラックアフリカの南スーダンは、まさに中東とアフリカの境界に位置する国だ。

南スーダンには産業らしい産業がなく、原油を産出するものの、スーダンに送って精製しなければならない。国民1人当たりGNI(国民総所得)わずか790ドルという最貧国で、最近の物価上昇率は実に700%超に及ぶ。子供たちの多くは小学校も満足に卒業できず、識字率は27%、妊産婦死亡率も最悪の水準にあり、水道普及率はジュバでさえ3~4%にとどまる。

次ページ2013年12月に起きたこと
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
人生に差がつく経済学<br>行動経済学で賢くなる!

キャリアでも恋愛・結婚でも役立つ、行動経済学。今年、ノーベル経済学賞を受賞した分野だ。人間の非合理的な行動を説明し、働く人に有益。経済学者とライザップ社長の対談も掲載。