スーパーIT灘高生が、大好きな日本を救う

新世代リーダー Tehu スーパーIT灘高生

Tehu
灘高校生・デジタルクリエーター
Tehu
1995年、神戸市生まれ。灘中学校を経て現在、灘高校3年生。中学生の時にプログラミングに興味を持ち、2009年にiPhoneアプリ「健康計算機」を公開。ダウンロード数が無料アプリで世界第3位となり、話題となる。以後、「放射能計算機」、劇団ひとり監修の「僕の余生。」などのアプリ制作を続ける。2010年からUstreamで「Tehuのオールナイトニホン」を放送開始。米アップルの新製品記者発表を同時通訳する番組を定期的に放送し、人気を集める。2013年、グーグル日本法人元会長の村上憲郎氏との共著『スーパーIT高校生“Tehu”と考える 創造力のつくり方』(角川書店)を発売。現在、クリエーターとして多くの企業のプロジェクトに参加するほか、講演や雑誌連載など多岐にわたって活動している。

「なんでオレ、ペーパー試験の点数だけで判断されなあかんねん。これまで勉強以外のこともいろいろやってきたのに、それがまったく評価されないのは納得いかない。ふざけんなって感じ」

これは落ちこぼれの不良少年が教師に反抗して吐いた言葉ではない。関西屈指の名門、灘校で東大理Iを狙える成績の優良少年が、「なぜ東大を受験しないのか?」と聞かれて答えた言葉である。

東大を“蹴った”のは高3のTehu(テフ)君。「スーパーIT高校生」の異名を持つ。初めて会った人は、まず背の高さに驚くだろう。大リーガーのダルビッシュ有と同じ196センチ。体重、誕生日まで一緒だ。ダルはイラン人と日本人のハーフだが、テフは両親とも中国人。本名は張惺(ちょう・さとる)。「ちょう→蝶→てふ」だからハンドルネームがTehu。

Tehu君が勉強以外にやってきた「いろいろ」とは何なのか。

「なだいろクローバーZ」がネットで話題に

現在の肩書きは、デジタルクリエーター、プログラマー、プロデューサー、パーソナリティーだ。アイドルが好きで、「ももいろクローバーZの百田夏菜子推し」。今年5月の灘校文化祭では、灘高生による「なだいろクローバーZ」を企画プロデュースした。この女装男子5人組アイドルは、ネット上でも「クオリティーが高い」「ピンクが可愛すぎる」と話題になった。

「なだクロは、ももクロを完全にパクッてます。衣裳もパクッてます。あいつら、これのために全身脱毛してますから。正直、気持ち悪いなあと思いながら、一晩かけてPV(プロモーションビデオ)を作りました(笑)」 

ももいろ、なだいろ、たしかに「いろいろ」だが、もちろん活動はこれだけではない。Tehu君の人生を追ってみよう。

次ページ「おまえは灘に入って医者になれ」
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー

『週刊東洋経済』月額プラン新登場。今なら、1カ月無料。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
自動車 風雲急

燃費不正、日産による三菱自救済、世界需要減速…業界は動乱期に突入。米Uber(ウーバー)などによるライドシェア、自動運転という技術革新の脅威も待ち受ける。業界の未来を見通す。

  • 新刊
  • ランキング