エクセル「消えたデータ」の超便利な回復ワザ

「保存しないで終了」しても諦めるのは早い

すべてを回復できるとは限りませんが…(撮影:吉野純治)

エクセルを保存しないで終了してしまい、データが消えてしまった! という経験はないでしょうか。保存していると勘違いしたり、ボタンを間違えてクリックしたりと原因はさまざまですが、せっかく作ったデータを最初から作り直すのは大変です。

実は、エクセルには保存していないデータを回復する機能があるのでそれを利用してみましょう。10分ごとに自動で保存しているので、すべてを回復できるとは限りませんが、イチから作り直すよりもずっと簡単なはずです。回復方法は、名前を付けて保存している場合と、まったく保存していない場合で操作が異なります。

「保存したことがある」ファイルを回復する方法

当記事は、「GetNavi web」の提供記事です

名前を付けて保存したファイルを開いて編集し、上書き保存しないで終了した場合は、「ブックの管理」の「保存しないで終了」から回復します。エクセル 2013/2010では、「バージョンの管理」から選択します。

回復したいファイルを開き、「ファイル」タブをクリックし、「情報」 → 「ブックの管理」の「保存しないで終了」の項目をクリックします

新しいウィンドウが開き、未保存のデータが読み取り専用で回復されます。

開いている保存し忘れたファイルを閉じてから、「復元」ボタンをクリックします。開いたら上書き保存します
次ページ1度も保存しないうちに消してしまったファイルは?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
いま買える株・投資

26年ぶりに日経平均2万3000円超え。歴史的大相場の始まりか?チャンスとリスクを点検する。見逃せない株価材料&銘柄、割安株ランキング、好成績の投信を掲載。緊急投資ガイド。