日経平均は5日ぶり1万4000円割れ

米株安、円高嫌い先物主導で大幅反落

7日の東京株式市場は大幅に反落した。日経平均株価は前日比576円12銭安の1万3824円94銭で、7月31日以来の1万4000円割れとなった。今年に入ってからは、5月23日の1143円安、6月13日の843円安、5月30日の737円安に続く、4番目の下げ幅だった。TOPIXも38.4ポイント下げて1155.26で引けた。東証1部の出来高は概算で24億2251万株、売買代金は2兆1300億円。

要人の出口発言嫌いNYダウ続落

6日の米国市場ではNYダウが続落して前日比93ドル39セント安の1万5518ドル74セント、ナスダック総合指数も6営業日ぶりに反落して27.18ポイント安の3665.77で終えた。シカゴ連銀のエバンス総裁などハト派も含めた地区連銀総裁が量的緩和の早期縮小に相次いで言及したことが売り材料となった。また、個別株ではIBM株の下落が響いた。

朝方の外国証券経由の売買注文は、売りが1110万株、買いが1370万株で差し引き260万株の買い越しだった。

本日の東京市場では、前日の米株安を受けて、前場から下げて始まった。円相場が1ドル=97円と急伸したことから輸出株の下げが大きかったが、幅広い銘柄が売られた。昼のバスケット取引は約154億円が成立。「やや売り決め優勢」と伝えられた。

次ページ円高進行で大幅安
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。