日経平均は反落、7月月足は陰線に

為替の円高、重要指標発表前に様子見気分強い

31日の東京株式市場は日経平均株価、TOPIXとも反落。日経平均は前日終値比201円50銭安の1万3668円32銭、TOPIXは16.83ポイント安の1131.70。東証1部の出来高は概算で25億9035万株、売買代金は2兆3138億円となった。この結果、7月の月足は陰線となった。

前日の米国市場はダウ工業株30種平均が1.38ドル安の1万5520ドル59セントと小幅安、一方でナスダックは反発。欧米市場は総じて上昇した。

外国証券経由は4日ぶり買い越しだったが・・・

朝方の外国証券経由の注文は4日ぶりの買い越し。売り1420万株に対して買い1680万株と、260万株の買い越しとなった。

為替が円高に振れたこと、31日には米国FOMCの結果や米国4~6月期GDP速報、ユーロ圏失業率などの重要指標が公表されること、また国内企業の決算発表が集中することなどから、様子見気分が強く、日経平均は前日終値比136円安の1万3733円で寄り付いた。先物の売りに押される形で9時38分には本日の安値1万3644円まで突っ込んだが、その後は下げ渋り。前引けは前日終値比105円安の1万3763円となった。

大口注文をまとめて取引する昼の「バスケット取引」は445億円成立し「売り買い均衡」(大手証券)。後場は前引け比47円高の1万3810円で寄り付き、12時53分に本日の高値1万3836円まで戻す局面もあったが、円高に対する警戒感もあり大引けにかけて再び下げに転じ201円安で本日の取引を終えた。

次ページ電気・ガス、ユニクロが相場押し下げ
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。