日立の今期営業利益は前期比7.3%増計画

想定レート1ドル110円「成長の土台築けた」

 5月12日、日立製作所は、2018年3月期(国際会計基準)の調整後営業利益は前年比7.3%増の6300億円を見込んでいると発表した。写真の同社ロゴは、2012年10月都内で行われた記者会見場で撮影(2017年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 12日 ロイター] - 日立製作所<6501.T>は12日、2018年3月期(国際会計基準)の調整後営業利益は前年比7.3%増の6300億円を見込んでいると発表した。事業再編に伴う利益の減少を収益性の改善でカバーする。

会社予想はトムソン・ロイターが集計したアナリスト16人の予測平均値6131億円を上回る。

事業別では社会・産業システムが前年比68.8%増の1300億円と大きく伸びる見通し。赤字プロジェクトの終息・撤退による改善や、鉄道・ビルの操業度の上昇が利益を押し上げる。

売上高に当たる売上収益は前年比1.2%減の9兆0500億円を予想。事業再編が下押し要因となる。

同社が注力するIoT(モノのインターネット)プラットフォーム「Lumada(ルマーダ)」関連の売上高は9500億円(前期9000億円)を計画している。

前提となる為替レートは1ドル110円、1ユーロ115円。

為替と事業再編の影響を除くと、売上高は前年比3%増、調整後営業利益は同15%増となる。

2017年3月期は売上高が前年比8.7%減の9兆1622億円、調整後営業利益は同7.5%減の5873億円だった。事業再編と円高の影響が売上・利益ともに圧迫した。この影響を除くと、売上高は前年比3%増、調整後営業利益は同13%増となる。

西山光秋・最高財務責任者(CFO)は「成長を生むための土台が築けてきた」と総括した。

(志田義寧)

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ソニー復活の虚実

2017年度は最高営業利益を狙うソニー。しかし、過去10年は経営が苦しく、新規事業の仕込みが十分にできていない。次の成長事業が見つからなければ、再び下り坂が待ち受ける。