三菱電機、反対派の筆頭がIFRS導入のなぜ?

2011年、「IFRS強制適用」大反対騒動の結末

金融庁が推進していたIFRSの強制適用に対し、東日本大震災の影響もあり、大手メーカーは軒並み反対した(撮影:尾形文繁)

「あの三菱電機がIFRSへ移行するのか」ーー。上場会社の決算開示制度にかかわる専門家は報道を聞いて思わず、そう漏らした。

2月21日、三菱電機が2019年3月期の第1四半期から、決算開示上の会計基準を、従来の米国基準から国際会計基準(以下IFRS)に変更する予定であることを発表した。

IFRS強制適用を阻止した「要望書」

2009年6月、企業会計審議会が公表した中間報告書(左)に対して、2011年5月に国内大手メーカーが反対の意見書を出した(撮影:編集部)

現在約3600社強ある上場会社のうち、IFRS適用済みの会社は105社、適用予定会社は36社あり、合計すると141社になる(3月31日時点)。

IFRSは2010年3月期から任意適用が可能になったが、日本電波工業が任意適用第1号に名乗りを上げて以降、適用会社数は増えず、2012年末の時点でも10社しかなかった。

が、2013年に入るとペースが上がり始め、2015年末時点で96社(前年末比44社増)、2016年12月末時点で129社(同33社増)に達し、今年は3ヵ月ですでに12社増となっている。

社数では全上場会社の4%にも満たないが、合計時価総額は全上場会社の2割を超えており、主要企業でのIFRS適用が着実に増えていることは間違いない。

それではなぜ「あの三菱電機が」なのか。三菱電機は「IFRS適用に後ろ向きな会社」と見られてきたからだ。

そのきっかけとなったのは、今から6年前、東日本大震災発生後の2011年5月25日、三國谷勝範金融庁長官(当時)宛てに提出された、「我が国のIFRS(国際会計基準)対応に関する要望書」である。

上場会社20社と未上場会社1社、それに日本商工会議所を加えた、21社1団体の連名で提出されたこの要望書は、自見庄三郎金融担当相(当時)に、2015年3月期からの事実上の強制適用について、政治判断で先送りを決断させるほどの効果を発揮した。

次ページ強制適用に大反対
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
3位転落からの挽回戦略<br>ローソンの危機感

玉塚会長退任と同時に示された、野心的な中期経営計画。ファミリーマートに店舗数で抜かれたローソンの戦略は、質と規模の両方を追うハードルが高いものだ。改革は実を結ぶのか。