若林栄四氏「2022年の為替は1ドル65円だ」

伝説の為替ディーラーに5年後の経済を聞く

「ドル高はピークを打った。これからは円高になる」。伝説のディーラーはこう断言する(写真:ri3photo/PIXTA)

NYダウは、3月1日に2万1115ドルをつけ、過去最高値を更新。米長期金利は、昨年12月、今年3月と2度の利上げを受け、一時2.62%まで上昇した。米国株は高値圏で推移、日経平均株価もほぼ2万円を回復した。

だが一方で「米国の長期金利低下と米国株、日本株の大幅調整、そして円高進行は間近だ」と「不気味な予測」をする人物がいる。伝説のディーラーと呼ばれる、ワカバヤシFXアソシエイツ代表の若林栄四氏だ。同氏の相場見通しは、プライスアクションに基づいたものだ。単に上がるか、下がるかだけでなく、いつ、いくらになるのかを、「黄金分割比率」を用いたチャート分析で解明していくのが特徴だ。若林氏によると、為替はこれから再び円高に進むという。どんな根拠があるのか。

ドルは下げ相場のパターンに入っている

ドル円は、昨年12月に1ドル=118円台までドル高が進み、一時は120円も視野に入った。だが、米国が利上げを行ってからも、大幅なドル高にはなっていない。「北朝鮮などの地政学リスクがドル高円安になりにくい1つの要因だ」という市場関係者もいる。

だが若林氏は「北朝鮮の有事リスクなど、後付けの理由にすぎない。そんなものはなくても、ドルは売られていた。為替相場は私から見れば完全なドルの下げパターンに入っている。いったん、戻り高値(ドル高)を見て、そこから再び本格的なドル安が始まるだろう。2017年の後半から、米国経済の景気は下降線をたどり、米国長期金利は急低下する。2022年に向けて、ドルは65円台まで下落するだろう」。

では、ユーロはどうなのか。「ユーロの対円レートはおおよそ8年ごとに高値を付けた後、平均で40%程度下げている。直近に付けた高値が2014年12月の1ユーロ=149円78銭なので、そこから40%下げたとすると、次のユーロの下値メドは、89円前後になる」。

次ページこれから投資妙味があるのは金
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
人生に差がつく経済学<br>行動経済学で賢くなる!

キャリアでも恋愛・結婚でも役立つ、行動経済学。今年、ノーベル経済学賞を受賞した分野だ。人間の非合理的な行動を説明し、働く人に有益。経済学者とライザップ社長の対談も掲載。