高級総菜店「RF1」がイモ不足に陥らないワケ

「雪解け」を利用した独自の保管方法とは?

RF1の店舗にはポテトサラダをはじジャガイモをふんだんに使ったサラダが並ぶ(記者撮影)

ジャガイモ不足が顕在化し、ポテトチップスなど一部商品の販売に影響が出ている。そんな状況下で、サラダ総菜を展開するロック・フィールドは逆に、ジャガイモ商品で訴求するキャンペーンに打って出た。

「どんな時も、強い絆で。」

デパートの地下などに店舗を構える「RF1」や「グリーン・グルメ」、そして「神戸コロッケ」の各ブランドで、4月20日頃から北海道産ジャガイモの農家との直取引を強調したPOP広告を掲げ、ポテトサラダやコロッケを拡販している。

「店舗のPOPを見て、『RF1はジャガイモに強いのね』と言ってポテトサラダを購入された顧客もいる」(東武百貨店池袋店の店員)と、同社はキャンペーンに手応えを感じているようだ。

昨秋の台風で収穫が減少

北海道産ジャガイモといえば、このほど供給量不足が表面化したばかり。国内出荷量の約8割を占める北海道産は、収穫時期の昨秋に襲った台風の影響で収穫が減少。これが痛手となり、大手菓子メーカーは一部のポテトチップス商品の販売休止に追い込まれた。

総店舗数300を超える総菜店で年間1000トン以上のジャガイモを使用するロック・フィールドも、北海道産に頼る。男爵イモは全量、メークインも主に北海道産を使用している。

にもかかわらず、同社はなぜこのタイミングで、ジャガイモ商品の拡販に乗り出すことができたのか。その理由は、契約農家とともに考案した独自の貯蔵方法にある。

菓子メーカーなどジャガイモ関連商品を扱う企業にとって、4月は「端境期」といわれる。9月から10月にかけて収穫される北海道産のジャガイモは、一般的な倉庫での貯蔵だと3月ごろには芽が出てきて使い物にならなくなる。

今回のように北海道産の収穫量が十分でない場合、5~7月に収穫される九州産で一部を補うことができるが、その出荷が始まる前のちょうど4月あたりが「空白期」となるのだ。

次ページ空白期を埋める画期的な保管とは?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
人生に差がつく経済学<br>行動経済学で賢くなる!

キャリアでも恋愛・結婚でも役立つ、行動経済学。今年、ノーベル経済学賞を受賞した分野だ。人間の非合理的な行動を説明し、働く人に有益。経済学者とライザップ社長の対談も掲載。