JR東西の豪華列車、結局どっちがスゴいのか

価格帯の豊富さは西、予約倍率は東に軍配

トランスイート四季島(上)とトワイライトエクスプレス瑞風(下)、それぞれを徹底比較した(撮影:尾形文繁)

いよいよ、本州の東西で豪華寝台列車(クルーズトレイン)の競演が始まる。JR東日本(東日本旅客鉄道)の「トランスイート四季島」が5月1日から、JR西日本(西日本旅客鉄道)の「トワイライトエクスプレス瑞風(みずかぜ)」が6月17日からと、相次いで運行を開始する。

気になるのが四季島と瑞風、いったいどちらがスゴいのか、だ。いずれも庶民には高嶺の花であることに変わりはないが、料金、倍率などさまざまな観点から分析してみた。

まず、1人当たり料金で比較してみよう。料金については時期によって変動するので、両者とも第1期の数字を使用した。四季島の客室数は17室ある。3泊4日コースの場合、最高級タイプの客室「四季島スイート」は、1人95万円。一般的な「スイート」でも75万~77万円だ。

瑞風の最高料金は125万円

鉄道の概念を超えた四季島の客室(撮影:尾形文繁)

瑞風の客室数は16室。2泊3日コースの場合、13室ある「ロイヤルツイン」は1人当たり50~55万円。また、「ロイヤルシングル」という部屋も2室あり、こちらは1人利用の場合、62~67万円だ。

最高級タイプの「ザ・スイート」は1人当たり最高125万円。1車両を1室だけで占有するだけに値段も破格だ。つまり、料金の高さを比較した場合は、瑞風に軍配が上がる。

できるだけ安く乗りたい場合はどうか。両者とも1泊2日コースがあるので、そちらで比較する。四季島の場合はスイートが1人32万円。

瑞風のロイヤルシングルはシングルと銘打っているものの2段ベッドにして2人で利用することもできる。その場合の1人当たり最低料金は25万円となる。ザ・スイートも4人利用なら1人当たり95万円だ。ということは、瑞風のほうが最高料金と最安料金の差が大きく、料金で見るかぎり、多彩な楽しみ方が用意されているといえる。

瑞風の客室にはトワイライトエクスプレスの面影が残る(撮影:尾形文繁)

次に、予約状況について比較してみた。四季島が2017年5~6月分の予約受け付けを始めたのは2016年5月。なんと運行開始の1年前だ。瑞風とのバッティングを避けたのかもしれない。

申し込み状況は、応募件数1234件で平均倍率6.6倍、最高倍率は76倍というものだった。

瑞風が第1期となる2017年6~9月分の予約を開始したのは2016年12月。運行開始の半年前である。申し込み状況は応募件数2022件で平均倍率5.5倍、最高倍率は68倍だった。

次ページ車内のインテリアの比較は?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1週間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
認知症薬の功罪<br>その飲み方は安全か

認知症患者は増加中。認知症薬は進行を遅らせる効果が期待できるが、副作用が深刻。薬漬けを招き、寝たきりも。生活の質を損なっては元も子もない。何のために薬を使用するのか。