柴又の葛飾区職員寮が「寅さんホテル」に変身

1泊4000円から!不要な官舎は稼ぐ施設に

予算は多くないので、既存の建物の質感を残しつつリノベーションし、ベッドの部屋もあれば畳の部屋もある、さらに映画も見られるようなシアターも併設され、地元の人が集えるコモンルームもあるという施設にしました。これが3月18日にオープンした宿泊施設「柴又ふーてんベッドアンドローカル」です。「男はつらいよ」とは直接関係ありませんが、価格もリーズナブルで、オープン翌日に見に行くと満室でした。

ホテルは一人1泊4000円から。価格もリーズナブル(写真提供:R.project)

意外に国の緩和は進んでいる! 気づいた自治体は成功

野尻:私も足を運んでみましたが、「これははやるな」と感じましたね。馬場さんたちが手掛けたから、もちろんクリエーティビティに富んでいるんですけど、もう1つ感じたのは行政がすてきだなということです。葛飾区が民間に任せきったから、こういうクリエーティブなものができたんだと思うんですね。

馬場:国ではなく区という小さなサイズの自治体が主体だったということもあると思いますが、葛飾区には勇気がありました。

野尻前回のこのトークイベントでも触れましたが、今は国がけっこう規制緩和している部分もあるのに、自治体のほうはそれを知ってか知らずか、そこをうまく利用しきれていないんですよね。でもそのやり方に気づいた自治体は、もう積極的に動きはじめていて成功事例も出ている。

木下:こういう場合、民間に「委ねきる」というのがとても大切なんですよね。日本の行政はまだこのようなやり方に慣れていません。何しろ、これまでは自分たちで仕様をきめて、予算をつけて民間にやらせてきましたから。

しかし今度は財政も厳しい昨今、民間に仕様から全て民間に提案してもらい、お金を出してもらって、さらに民間に運営までやってもらおうとしているのに、いちいち口を出してしまう。委ねるというのが何か悪いことのように思っていたりする。

だから「ここはやってほしいんだけど、ここから先は民間にはやってほしくない」なんて言い始めると中途半端な話になってしまう。結果、官民双方にとって価値のない計画になり、頓挫することも少なくないですね。過去からの頭の切り替えが必要です。もちろん、民間側も公共意識は大切ですよ。

馬場:いろいろな事例を見てきたけれど、建物ごと民間に貸し出すというのがいちばんシンプルで強いという印象です。行政の責任部分をしっかり果たして、「じゃあここから先は民間に任せます」という形が作れれば、行政も安心して委ねられるはずですよね。

本記事は3月28日に行われた「第3回パブリック・アライアンス・トーク」のライブをもとに再構成したものです。第4回目は4月19日(水)に実施。第5回は5月26日(金)に開催予定。詳しくはこちらをご覧ください(有料参加が可能です)。パブリック・アライアンスへのお問い合わせはこちら
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1週間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
能力「見える化」で採用を変える<br>働き方改革の起爆剤

自分の能力がどこまで通用するのかを世界的に証明するQF。能力を「見える化」する、国をまたいだ評価の物差しだ。「働き方改革」でQFが果たす役割は大きい。改革の起爆剤になるのか。