「楽園企業の若手平社員」は、ここまで自由だ

「月給100万円」と自分で決められる?

「自由すぎる若手平社員」が生まれた社風を紹介します(撮影:今 祥雄)
「社員が日本一残業しない」「社員が日本一幸せ」ともいわれる未来工業(岐阜県の電気・設備資材メーカー)。同社は、1日7時間15分就業で残業禁止が原則。年間休日数が140日&有休最長40日で、休みの多さも「日本一」との声がある。しかも驚くほどの高年収で、海外への豪華社員旅行などもあって「楽園企業」と呼ばれる。
同社創業者の山田昭男氏は3年前に他界したが、遺作『山田昭男の仕事も人生も面白くなる働き方バイブル』は、いまも注目を集めている。
同社の働きやすさは、若手平社員のビックリするような自由奔放さを見ればよくわかる。以前、子会社の社長が社内公募され、若手の平社員1人しか手をあげずにそのまま「社長」に就任。自ら「月給100万円」と決めたことさえあった。
若手平社員をそのまま社長にする会社も会社だが、堂々と立候補して社長になってしまう社員もタダものじゃない。そんな「自由すぎる若手平社員」が生まれる社風を、長年同社を取材してきたルポライターが紹介する。

部外者が「未来工業に入る」と勝手に吹聴

日本一“社員”が幸せな会社をつくった男の集大成! 「未来工業と山田昭男のすべてがわかる」と話題の1冊。書影をクリックするとアマゾンの販売サイトへジャンプします

山田昭男氏が創業した未来工業は、「社員が日本一幸せ」な楽園企業として有名だ。1日の就業時間は7時間15分で、残業禁止が原則。「休みが日本一多い」ともいわれ、5年ごとに会社負担の豪華海外社員旅行(岐阜発「楽園企業」は、社員旅行も豪華すぎる)
まであり、至れり尽くせりだ。

さらにスゴいのは、ここの若手平社員がとにかく「自由」すぎること。生前の山田氏が、社長だったころのこんなエピソードを筆者に教えてくれたことがある。

「ワシが営業で沖縄に出かけたら、訪問先の人から『そういえば、T君がアンタの会社に入るそうやな』と言われて驚いたぞ。そんな話は初耳やからな。T君が勝手に『未来工業に入る』と吹聴しとったんや。オモロいやろ?」

なんと、他社の社員が勝手に「未来工業に入る」と吹聴していたという。

「しかも、T君が『未来工業の社員になる』と吹聴するのを聞いたある女性が『私も入りたい』というと、まだ社員でもないT君は『うん、君も入れてやる』とその場で即答したらしい。仕方ないから、2人とも入社させた。こんな会社はめったにないやろ?」

生前の山田氏はニヤニヤしながら、そう明かしてくれた。未来工業の「若手平社員」が自由すぎるのは、これだけではない。

未来工業では、先輩や上司が後輩や部下に命令するのも禁止だ。これも普通の会社と比べれば、「自由すぎる」と見えるはずだ。その代わり、上司には仕事内容について部下をきちんと「説得」し、「納得させること」を義務付けている。

今回は、そんな楽園企業の「自由すぎる若手平社員たち」を紹介したい。

次ページ若手平社員が「月給100万円」
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
ビームスの流儀

1976年に創業し、90年代の渋カジブームを牽引したビームスが今も元気だ。創業以来赤字知らず。40年、最先端を走り続けられる秘密は何か。設楽洋社長への独占インタビューを掲載。