貴重映像!満鉄「あじあ号」の機関車が動いた

煙上げ「パシナ」が走る1984年の動画がここに

煙をあげて走り出す旧満鉄の蒸気機関車「パシナ」=1984年(筆者撮影)

鉄道開業時からの宿願である高速化。現在、東海道新幹線の「のぞみ」は東京-新大阪間を最高時速285キロメートル、約2時間半で結ぶが、日本の高速鉄道計画は戦前の「弾丸列車」にさかのぼる。東京から下関を結び、将来的には朝鮮半島、さらには北京まで乗り入れるという壮大な鉄道計画で、現在の新幹線と同様、在来線とは別に線路幅の広い (標準軌・1435ミリメートル)専用新線を建設し、時速200キロメートルでの運転を想定していた。

その弾丸列車構想より少し前の1934(昭和9)年、満州(現在の中国東北部)を走る南満州鉄道に特急「あじあ」号が誕生した。

標準軌の満鉄を走る「あじあ」号は大連-新京(現在の長春)間701.1キロメートルを最高時速120キロ、平均時速82.5キロというスピードで8時間30分で結び、展望車、豪華客室、食堂車を備え、さらに車内はすべてエアコン完備と、当時世界有数の豪華さと俊足を誇った。標準軌鉄道による高速列車が満州の地で実現したのだ。

消息不明だったあじあ号の機関車

その伝説的な列車「あじあ」号を牽引した蒸気機関車が流線形の「パシナ形」である。太平洋戦争末期、満州に進攻したソビエト(現ロシア)によって満州国、そして南満州鉄道は終焉を迎え、車両の多くはソ連に接収されたが、一部の日本製機関車は戦後も中国大陸を走っていた。だが、パシナ形機関車はその消息が途絶えたままになっていた。

日中国交回復が図られると、多くの日本人が中国への観光旅行に出かけるようになり、中国鉄道ツアーも実施された。筆者が初めて中国を訪れ、鉄道の現状、そして残っていたパシナ形に出会ったのは1983年のことだった。

次ページ世界と肩を並べる流線形蒸気機関車
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1週間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
秋から始める<br>プログラミング

30~50代、しかも、金融、不動産など幅広い業種の社会人がプログラミングを学び始めている。1カ月でマスターする方法、高収入が得られる言語を紹介。読めば秋から始めたくなる。