グーグル、広告掲載巡り英政府・企業に謝罪 

ユーチューブのヘイト動画に広告を掲載

 3月20日、米グーグルは、英国で同社の動画共有サイト「ユーチューブ」に投稿されたヘイトスピーチや過激主義を主張する動画に、政府や企業の広告を掲載した問題で謝罪した。バルセロナで1日撮影(2017年 ロイター/Paul Hanna)

[20日 ロイター] - 米アルファベット<GOOGL.O>傘下のグーグルは20日、英国でグーグルの動画共有サイト「ユーチューブ」に投稿されたヘイトスピーチや過激主義を主張する動画に、政府や企業の広告を掲載した問題で謝罪した。

英政府はこうした事態を受けてユーチューブへの広告提供を中止し、多くの大手企業も追随して広告を引き揚げた。グーグルにとって英国は米国以外の最も大きな市場で、2016年は主に広告収入により78億ドルを稼ぎ出した。これは同社の世界売上高の9%近くを占めている。

グーグルのマット・ブリティン欧州・中東・アフリカ(EMEA)担当社長は、ロンドンで開かれたイベントで「物議を醸すコンテンツに広告が掲載されて迷惑を受けた当社のパートナーと広告主に謝罪したい」と語った。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
大再編、金融庁、フィンテック<br>銀行マンの運命

メガバンク主導の地銀再編、正論を振りかざし冷徹に変革を迫る金融庁・森長官、銀行業務を代替するフィンテック…3つの大波が業界を襲う。揺さぶられる銀行マンの運命はいかに。