森川亮「若者はリアルに価値を求めている」

ミレニアル世代はシェアしない

C Channel代表取締役社長の森川亮氏
日本最大級の女性向け動画メディア「C CHANNEL」が、4月に3万人規模のイベントを開催する。いま、若者を“リアル”に集める理由は何か? 同社社長の森川亮氏に訊いた。

 

FacebookやInstagramには、ユーザーやメディアが投稿した動画であふれている。しかし、そうしたグローバル規模のプラットフォームの外で、生まれた時にはネット環境が整備されていた「デジタルネイティブ世代」が、動画で交流していることをご存じだろうか?

2000年以降に成人する若者を「ミレニアル世代」と呼ぶが、彼ら彼女らは手のひらサイズのコンピューターとも言えるスマートフォンと常時接続のネット環境で、従来の世代とはまったく異なる消費スタイルを持っているとされる。

そんなミレニアル世代の中でも、女性に特化したメディアとして注目を集めているのが、「C CHANNEL」だ。今年1月には動画再生数が6億回を突破。スマートフォンでの閲覧を前提とした縦型動画によるハウツーコンテンツを中心に、日本のみならずアジアでも人気のサービスに成長した。

4月には3万人規模の大型イベントの開催も控えている。なぜいま、リアルイベントを開催するのか。その理由を同社社長の森川亮氏に訊いた。

若者は動画を投稿しなかった──

当記事は「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

──C Channelのターゲットは当初からF1層(20歳から34歳までの女性)でしたね。狙い通りに、うまく進みましたか?

当初からF1層を狙っていましたが、予測していた通りにいきませんでした。

これまでの経験を踏まえると、19歳以下の若年層だとビジネスにならず、オタクやマニア向けのサービスはグローバル展開が難しい、と考えました。ですから、一般の人が多く利用できる、普遍的なテーマを持ったサービスを構築しました。

次ページ「撮影」「投稿」「閲覧」の高いハードル
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
メルカリ&ZOZOTOWN<br>流通新大陸の覇者

流通業界で新旧交代が起きている。新しい主役は「ネットで服は売れない」という常識を覆したゾゾタウンと、フリマアプリで新市場を作ったメルカリ。拡大する流通新大陸をリポート。