大島優子が語る「タラレバ娘」撮影現場の裏側

小雪は、これから幸せになれるのか

女子会で話している内容はほとんどタラレバ娘たちと一緒です(笑)

人生はいつも"タラレバ"の連続だ。「あの時ああしていれば」「もっと、こうしていたら――」

ゴールのない話を延々とするのが楽しいです

「東京カレンダー」(運営:東京カレンダー株式会社)の提供記事です

アラサー女性のリアルな日常、心の葛藤を描いた現在絶賛放映中の「東京タラレバ娘」で、道ならぬ恋からなかなか抜け出せずに思い悩む小雪役を演じる大島優子さん。

大島さん演じる小雪は、一見クールで、そんな無邪気で天真爛漫な大島さんとは正反対のキャラクターにも見えるが……。

「じつは、こう見えて意外と姉御肌と言われることも多いんです。友達が困っていたら、絶対に放っておけない。そういうところは小雪に似ているのかもしれませんね」

アラサー女性の心を激しく突き刺す数々のフレーズ、タラレバ娘たちが居酒屋で定期開催する女子会シーンにも共感が集まっているが、大島さんも「仲のいい友達と美味しいものを食べておしゃべりをするのがストレス解消法のひとつ」と言う。

「話している内容はほとんどタラレバ娘たちと一緒です(笑)。誰々は何年後にどういう人と結婚しそう、とか。なんの根拠もなく、ゴールのない話を延々とするのが楽しいです(笑)。男の人から見れば不毛に映ることもあるかもしれないけど、それが女子会の醍醐味なんじゃないかなぁって思うんです」

「タラレバ娘」の作中には、迷える乙女の心を突き刺す“劇薬”とも言える名言が溢れ、CGで表現されるタラレバコンビもユーモアを添える。

「現場では(タラレバ娘の)漫画がいたるところに置かれていて。時間があるときに何度も読み返しています。原作の世界観を守りたいので、野球の試合でマウンドに立つ妄想シーンなどの細かいカットも再現している。そういうシーンも含めて小雪の心の変化とか細やかな描写も丁寧に演じていきたいです。それがこの作品を見た方に共感していただける一番のポイントだと思うから」

次ページ大島さんも共感したセリフとは?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1週間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ショッピングセンターの憂鬱

ショッピングセンター(SC)の新規開業が相次ぐ一方、閉店も増加。セールの乱発と主力の衣料の苦戦で、既存SCの売り上げは不振だ。百貨店と同様に大量閉店の波が押し寄せるのか。